コラム記事 | バストアップに本当に効果的な方法は?食べ物は?【垂れる原因も紹介】

バストアップに本当に効果的な方法は?食べ物は?【垂れる原因も紹介】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

「バストサイズを上げたい」「バストのたるみを改善してバストアップしたい」など、女性にとってバストの悩みは尽きないものです。そこで今回は、自分で行うバストアップは本当に効果があるのか・バストアップに効果的な食事などを詳しくご紹介します。ぜひご覧ください。

自分でバストアップはできる?効果は?

バストアップ 効果

バストアップしたいけれど自分で取り組んでも効果が出るのかわからないと思う方も多いのではないでしょうか。個人差はありますが、実は毎日マッサージやバストに良い食生活を送ることでバストアップ効果が期待できるんです

バストアップを効果的に行うには、バストが落ちてしまう原因を理解して生活を変えていくことが大切です。バストアップに効果的なストレッチや食事はもちろん、普段から姿勢などを意識しましょう。

今回は、バストが垂れてしまう原因や対策方法・おすすめの食事方法などをご紹介します。バストアップで悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

バストが落ちてしまう原因は?

バストが落ちてきてしまう原因はいくつかあります。年齢によるものや普段の生活で若い方でも起こりうるものまで様々です。主な原因を3つ紹介しますので、ご自身の生活を振り返りながらご覧ください。

姿勢が悪い

バストアップ 効果

足を組む癖がある方・普段から猫背ぎみの方はバストが垂れてきてしまうことがあります。姿勢が悪いとバストまわりの筋肉が正しく使われず、胸の脂肪を支えることができずにたるみや外側に流れる原因になります。

また、猫背の方は腕や首まわりも筋肉が正しく使われないため、血行不良やむくみの原因にもなってしまいます。バストアップしたいと考えている方は、まずご自身の姿勢を正しくすることを意識しましょう

年齢によるもの

バストアップ 効果

バストアップの悩みは加齢と共に増えていくといわれています。年齢を重ねるごとに脂肪が柔らかくなり、バストがたるみやすくなってしまいます。

バストアップやたるみ改善などのバストの悩みを解決するには、早いうちからバストのケアを始めることが大切です。バストをたるみにくくするために、筋肉を定期的に鍛えたりリンパの流れを促したりしましょう。

ブラの形やサイズが合っていない

バストアップ 効果

バストアップをより効果的にするには、ご自身の胸の形やサイズに合ったブラジャーを付けることが大切です。外に流れてしまったバストを寄せるものや、垂れ下がったバストを正しい位置に上げてくれるものもあります。

小さすぎるサイズのブラジャーを付けていると締め付けが強く、血行不良になってしまいます。逆に大きすぎるブラジャーを付けていると胸が支えられず、形が崩れる原因になります。

ブラジャーを買う際は、店頭でサイズを測ってもらったり、あらかじめご自身で測ってから購入するのがおすすめです。ご自身に合ったブラジャーでバストを綺麗に保つためにも、定期的にご自身のバストサイズを把握しましょう

バストアップに効果的な食材は?

バストアップをさらに効果的にするためには、バストアップに効果が期待できる食材を積極的に食べましょう。栄養素の働きや効果を詳しく解説していきます。

身体全体を整えてくれる大豆イソフラボン

バストアップ 効果

大豆から作った食材に多く含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つエストロゲンに似た働きをしてくれる優秀な成分です。乳腺細胞を増やし、ハリのあるバスト形成を助けてくれます。

また、バストアップだけでなく肌・髪の毛のツヤ、肌荒れ改善などの効果も期待できます。納豆や豆腐・豆乳・味噌など、普段の食事で取り入れやすいものが多いので取り入れやすい食材としておすすめです

タンパク質で内側から綺麗に

バストアップ 効果

バストアップの効果を高める栄養素としてタンパク質も欠かせません。女性ホルモンの分泌を促進するだけでなく、血液や骨・筋肉を作る元になるためバストアップの筋トレやマッサージの効果を高めてくれます

鶏ささみや豚ヒレ肉・魚などで摂取できますので、主菜として取り入れることで毎日無理なくタンパク質を取ることができます。特に鮭はアンチエイジング効果も期待できますので、バストアップに加え肌質改善にもおすすめです。

タンパク質と合わせて摂りたいアミノ酸

バストアップ 効果

メリハリのある身体を作るタンパク質を合成するとき、アミノ酸は欠かせません。アミノ酸をしっかり摂取することでタンパク質が正しく合成され、バストアップを助けてくれます。

アミノ酸の中でもアルギニンは成長ホルモンを刺激してくれる大切な成分です。大豆類に多く含まれているため、イソフラボンと合わせて摂取することもできます。

しかし、アミノ酸をバランス良く食材から摂取することは難しいといわれています。食材と合わせてサプリメントなどを利用することも1つの手段です。

血行不良を改善してくれるビタミンE

バストアップ 効果

バストアップの効果をさらに高めたい場合、血行を促進してくれる栄養素を摂ることも大切です。特にビタミンEは血行不良を改善してバストまわりの筋肉を活発にし、老廃物の排出を助けてくれる働きもあります。

また、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの分泌を促進する働きもあるため、アンチエイジング効果も期待できます。バストアップはもちろん、冷え性で悩んでいる方にもおすすめです。

ビタミンEを含む主な食材は、アボカド・カボチャ・ピーマンなどです。主菜はもちろん、サラダやスープとしても使える食材ばかりですのでぜひ食事に取り入れてみてください。

バストアップの効果を高めてくれるポイント

日々の生活で意識するとバストアップがさらに効果的になるポイントをいくつかご紹介します。どれも気軽に取り組めるポイントばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラジャーは昼・夜で使い分けて

バストアップ 効果

ご自身のバストに合ったブラジャーを付けることはもちろん、昼と夜で使い分けることも重要です。特に夜は重力のかかり方が変わってくるため、ナイトブラでしっかり胸をホールドしてケアしましょう。

バストまわりのマッサージは定期的に

バストアップ 効果

バストまわりは凝りやすく、血行不良や老廃物が溜まってしまいがちです。定期的にマッサージしてほぐしてあげましょう。特にお風呂で温まったあとは筋肉なども柔らかくなっているため、マッサージしやすいです。

バストまわりはもちろん、首や肩・腕まわりもしっかりほぐすことが大切です。リンパや血行を改善することでバストに栄養が行き渡りやすくなり、バストアップの効果が高まります

姿勢を正して日々過ごそう

バストアップ 効果

バストアップの効果を高めるには、日々の姿勢を正すことが大切です。最近はデスクワーク・テレワークが多く、姿勢が悪いまま長時間過ごしたり、運動不足だったりする方も増えています。

とくにパソコンを長時間見ていたりスマホを眺めていたりすると、胸が内側に入ってしまい筋肉が衰えてしまいます。バストアップの効果を高めるためにも、定期的に腕や胸まわりを伸ばすストレッチを行いましょう。

また、バストが左右対称でなかったり、たるんでいたりする場合は骨盤の歪みが原因であることが多いです。普段から足を組む癖がある方・片足重心で立つことが多い方は姿勢を正すことを意識しましょう。

まとめ

バストアップに効果的な食材や日々気をつけるべき点をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。バストアップは難しいイメージがありますが、ポイントを抑えてご自身でコツコツ取り組みを続ければ効果が期待できます。理想のバスト手に入れるためにもぜひバストアップに挑戦してみてくださいね。

Related Posts

  1. バストアップ ストレッチ
  2. バストアップ トレーニング
  3. バストアップ 方法
  4. ダイエット リンパマッサージ
  5. ダイエット 女性

いますぐ申し込む