コラム記事 | 脱毛後の注意点|トラブル対処法や保湿ケアも紹介

脱毛後の注意点|トラブル対処法や保湿ケアも紹介

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

脱毛後は運動やお酒、お風呂などさまざまな部分に制限が生じます。しかし、実際にどれくらいの間に何を避けたら良いのか細かく分からないと不安ですよね。そこで今回は、脱毛後に避けた方が良いことや期間、そのほかの注意事項などをまとめました。脱毛を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛後は注意事項がたくさん!

脱毛 後

脱毛をした経験のある方は、脱毛後の注意点の多さに驚いたことがあるのではないでしょうか。実は、脱毛後の肌は非常にデリケートなため、日々の生活の中にも注意しなければならないことがたくさんあります。

とはいえ、どんなことにどれくらいの期間気を付けたら良いのかよく分かりませんよね。そこで今回は、脱毛後に注意したいポイントや避けた方が良いことを紹介します。また、それぞれの期間も詳しくまとめました。

意外と知らない注意事項や、普段の生活の中でも注意しなければならないポイントなども紹介します。これから脱毛をしようと考えている方、すでに脱毛に通っている方はぜひ参考にしてみてください。

脱毛後のお風呂や運動はいつから?

脱毛後はお風呂(入浴)や運動、飲酒などに制限がかけられます。ここでは注意したいポイントとともに、それぞれ避けた方が良い期間を詳しく紹介します。

「運動」は2~3日控える

脱毛 後

脱毛後の運動は2~3日程度控えた方が良いでしょう。激しい運動をして汗をかくと肌が荒れるだけでなく、血流が良くなって思わぬ肌トラブルを引き起こす場合もあります。通勤などで歩く程度は問題ありませんが、筋トレやスポーツは控えてくださいね。

「飲酒」は当日は避ける

脱毛 後

毎日お酒を飲んでいる方も、脱毛当日は避けた方が良いでしょう。お酒を飲むと体温が上がり、血流も良くなって赤みや炎症が悪化してしまいます。特に肌トラブルがない方でも、飲酒をすると赤みや炎症が出てくる場合もあるので注意しましょう。

当日の「お風呂」はシャワーで

脱毛 後

脱毛当日は入浴はせず、ぬるめのシャワーで済ませるのがおすすめです。湯船は雑菌が繁殖しやすく、体温も上昇させてしまうので赤みや炎症などが悪化する可能性があります。施術箇所は優しく洗い、清潔なタオルで拭いて保湿をしましょう。

「予防接種」は1週間避ける

脱毛 後

予防接種は、脱毛の前後1週間は避けた方が良いでしょう。また、薬は種類によって判断が異なるので、主治医に相談してから脱毛の施術を受けるのがおすすめです。サロンによっては、診断書が必要な場合もあります。

「日焼け止め・制汗剤」は当日NG

脱毛 後

日焼け止めや制汗剤は毛穴をふさいだり収縮させたりする可能性があるため、脱毛当日は避けた方が良いでしょう。日焼け対策をするのであれば、長袖の上着や帽子などを活用するのがおすすめです。

「温泉・プール」は1週間避ける

脱毛 後

入浴は当日避ければOKですが、温泉やプールは自宅のお風呂より雑菌が多い可能性が高いので1週間ほど避けましょう。温泉やプールは不特定多数の人が入るので、脱毛後は特に注意が必要です。

脱毛後の注意事項が多い理由

脱毛後の肌は非常にデリケートなため、さまざまな注意事項があります。以下では、なぜ脱毛後の注意事項が多いのかを見ていきましょう。

「赤みや炎症」が悪化する

脱毛 後

脱毛後に運動や飲酒などをすると、赤みや炎症が悪化する可能性があります。特に運動や飲酒、入浴は体温を上げたり血行を促進したりするので注意が必要です。脱毛後は毛穴に熱がこもっている状態なので、できるだけ熱を放出してあげると良いでしょう。

運動などの体を温める行為は逆効果になってしまうので、注意してくださいね。

「毛嚢炎」を起こしやすい

脱毛 後

入浴をしたり汗をかいたりすると、毛穴で雑菌が繁殖して毛嚢炎を引き起こす可能性があります。脱毛直後は毛穴にダメージを負っている状態なので、できるだけ清潔に保つ必要があるでしょう。

「次回以降」の施術のため

脱毛 後

脱毛には副反応と呼ばれる赤みや炎症、施術後の乾燥などがつきものです。しかし、脱毛は何度も繰り返し行う必要があるので、次回の施術までに肌の状態を整える必要があります。そのため、肌に刺激を与えるような行為を避け、しっかりとケアをする必要があるのです。

脱毛後にトラブルが起きたときは?

万が一、脱毛後に入浴や運動などをしてしまった場合は以下の対処法を試してみてください。

タオルなどで「冷やす」

脱毛 後

赤みや炎症が悪化してしまった場合は、施術箇所に冷やしタオルなど当ててみましょう。脱毛後の赤みや炎症は熱がこもって起こるので、冷やしてあげるのが効果的です。ただし、冷やしすぎもあまり良くないので保冷剤などの使用は避けた方が良いでしょう。

酷いときは「皮膚科」へ

脱毛 後

肌の状態が酷い場合は、施術を受けたクリニックやサロンに連絡します。提携している皮膚科があったり、クリニックで薬をもらえたりする場合もありますよ。もし提携している皮膚科などがなければ、かかりつけの病院に行ってみましょう。

自己判断で放置してしまうと、さらに悪化する場合もあります。次回以降の脱毛をしっかり受けるためにも、肌トラブルが起きたときは早めに解決しておくのがおすすめです。

脱毛後はどれくらいで毛が抜ける?

脱毛 後

脱毛後のことで気になるのは、注意事項や気を付けるポイントだけではありませんよね。せっかく脱毛したのに、なかなか毛が抜けてこなくて不安になる方も多いはずです。実際に脱毛をしてから毛が抜け始めるまでには1~3週間かかるとされています。

まずは脱毛後すぐに少し毛が抜け、さらに1~3週間が経つと残りの毛が抜けてきますよ。すぐに毛が抜けないからといって自己処理しようとせず、まずは1~3週間程度様子を見ましょう。それでも抜けてこない場合は、サロンやクリニックに相談してみてくださいね。

脱毛後はアフターケアも重要

脱毛後はさまざまな注意点がありますが、実はアフターケアも非常に重要なポイントとなります。ここでは、脱毛後に行いたいアフターケアについて詳しく見ていきましょう。

自己処理は「3日後」から

脱毛 後

脱毛後は基本的に自己処理はせず、自然に抜けてくるのを待つのがおすすめです。どうしても自己処理をしたい場合には、3日以上経過して肌の状態を見ながら行いましょう。脱毛したばかりで自己処理してしまうと、肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

時間が経てば自然と抜けてきますが、どうしても待てないときは赤みや炎症が落ち着いたら電気シェーバーなどで処理してください。毛抜きやカミソリなどは、肌への負担が大きすぎるので避けた方が良いでしょう。

「保湿」をしっかり行う

脱毛 後

脱毛後は乾燥しやすくなるので、普段よりもしっかりめに保湿を行います。当日はぬるめのシャワーを浴びて清潔なタオルで体を拭き、肌に優しい成分の化粧水やクリームなどを使用しましょう。できればアルコールや添加物の入っていないものがおすすめです。

「日焼け対策」も忘れずに

脱毛 後

脱毛後は日焼けにも注意する必要があります。当日は日焼け止めを使えないので帽子や洋服で日焼けを防止し、翌日以降は肌の様子を見ながら日焼け止めを使ってみてください。炎症や赤みがある場合は日焼け止めの使用は避け、帽子などを活用しましょう。

まとめ

今回は脱毛後の注意事項やアフターケア、トラブル発生時の対処などを紹介しました。脱毛前や当日はもちろん、翌日以降も注意しなければならないポイントがたくさんあります。また、アフターケアをしっかりしないと思わぬトラブルが起こってしまうので、順調に脱毛を進めるためにも本記事を参考にしてみてくださいね。

Related Posts

  1. 脱毛 ステロイド
  2. 脱毛 生えてくる
  3. 脱毛 飲酒
  4. 脱毛 毛が抜ける
  5. 脱毛 後

いますぐ申し込む