コラム記事 | 脱毛で毛穴はどうなる?効果は?【負担の少ない脱毛方法も紹介】

脱毛で毛穴はどうなる?効果は?【負担の少ない脱毛方法も紹介】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

脱毛をすると毛穴がなくなる、消えるなどといった話を聞いたことはありませんか?毛穴の開きや黒ずみ、汚れなどがあると毛穴は目立ってしまいますよね。脱毛をすると、それらの悩みやトラブルが解消できる可能性があります。今回は脱毛をして得られる毛穴への効果や、毛穴に負担をかけてしまう脱毛方法を紹介します。

脱毛で毛穴はなくなるの?

脱毛 毛穴

脱毛をすると、毛穴に負担がかかったり黒ずみや赤みが改善されると聞いたことはありませんか?実は脱毛を行うと毛穴のトラブルが改善される可能性があり、肌がキレイに見えたり毛穴がなくなったように見えたりする場合があるんです。

しかし、実は脱毛は毛穴への良い効果だけでなく赤みや炎症などのトラブルを引き起こす可能性もあります。とはいえ、脱毛が毛穴にとってどんなメリット、デメリットがあるのかよく分かりませんよね。

そこで今回は脱毛から得られる毛穴への効果とともに、負担をかけてしまう脱毛のやり方を詳しく紹介します。これから脱毛を検討している方や、毛穴のトラブルが気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

毛穴に負担をかける脱毛方法とは

脱毛にはいろいろな種類があり、方法によっては毛穴に大きな負担をかけてしまいます。ここでは、毛穴に負担をかけてしまう脱毛方法を詳しく紹介します。

「毛抜き」を使う

脱毛 毛穴

毛抜きを使ってムダ毛を抜くと、抜いたあとは毛がなくなってキレイに見えるかもしれません。しかし、毛穴には大きな負担がかかってしまうため、開いたままの状態になったり埋没毛になりやすくなったりしてしまいます。

無理やり毛を引き抜くと毛穴がケガをしたような状態になり、修復しようとして毛穴をふさいでしまうので皮膚の中に毛が埋もれてしまうのです。肌をキレイにしたくて毛を抜いているにも関わらず、負担をかけて状態が悪化したら意味がありませんよね。

「ブラジリアンワックス」での脱毛

脱毛 毛穴

ブラジリアンワックスはハチミツや砂糖などで作った液体を肌に塗り、固めてから一気にはがす脱毛方法です。この方法はサロンなどでも行われている脱毛方法ですが、無理やり毛を抜くのは毛抜きを使うのとほとんど変わりません。

毛穴だけでなく肌へのダメージもあるので、肌が弱い方は特に注意が必要です。もしやるのであれば、注意事項やデメリットなどをよく確認したうえでチャレンジしてみてくださいね。

「カミソリ」で剃る

脱毛 毛穴

自宅での自己処理にカミソリを使う方は多いと思いますが、実はカミソリで剃ると毛穴や肌に大きな負担をかけてしまいます。たまに剃る程度であればそこまで大きな問題ではありませんが、頻繁にカミソリで剃るのは避けた方が良いでしょう。

毛穴へのダメージが大きいため、赤みや黒ずみなどの原因となってしまいます。もしカミソリを使って自己処理をしたいのであれば、ジェルやクリームをたっぷりと付けて負担のないようにしてくださいね。また、処理後はしっかりと保湿を行いましょう。

毛穴に負担をかけない脱毛方法とは

ここまで毛穴に負担のかかりやすい脱毛方法を紹介してきましたが、次は毛穴に負担をかけにくい脱毛を見ていきましょう。

機械を使う「レーザー・光脱毛」

脱毛 毛穴

脱毛サロンやクリニック等で多く行われている光脱毛や医療レーザー脱毛は、肌や毛穴への負担が少ないので非常におすすめです。他の方法と比較すると施術料金はやや高価なものの、脱毛完了後の仕上がりが非常にキレイになりますよ。

特に光脱毛は毛穴や肌への負担が少ないので、肌が弱い方にもおすすめです。医療レーザー脱毛は威力がやや強い脱毛方法ですが、毛穴や肌への負担はほとんどかかりません。赤みや炎症が起きる場合もありますが、数日で治まるので特に心配はないでしょう。

「除毛クリーム」での脱毛

脱毛 毛穴

除毛クリームでの脱毛は自宅でも簡単にでき、毛穴へのダメージは少なめです。専用のクリームを肌に塗って時間を置くと、ムダ毛を溶かしてキレイにしてくれます。ただし、毛と肌は同じたんぱく質でできているため、肌に負担がかかりやすいのがデメリットです。

肌に直接クリームを塗って行う脱毛方法なので、肌の弱い方にはおすすめできません。使用前にはパッチテストなどを行い、トラブルがないかどうかチェックしてくださいね。

「電気シェーバー」で自己処理

脱毛 毛穴

電気シェーバーでの自己処理は、カミソリなどと比較すると毛穴への負担は少なめです。とはいえ、レーザー脱毛などと比べると毛穴に負担がかかりやすいので、クリームやジェルなどを使ってできるだけ摩擦が少なく済むように工夫しましょう。

強く肌に当てたり無理に剃ろうとしたりすると毛穴への負担だけでなく、肌の表面にも大きな負担がかかってしまうので注意してくださいね。

脱毛による毛穴へのメリット

脱毛を行うと、さまざまなメリットが得られます。ここでは、毛穴への負担がかかりにくい光脱毛やレーザー脱毛をした場合に得られるメリットを詳しく見ていきましょう。

「汚れや皮脂」がキレイになる

脱毛 毛穴

脱毛をしてムダ毛がなくなると、毛穴に詰まった汚れや皮脂が落ちやすくなります。ムダ毛が生えているとどうしても毛に汚れや皮脂が絡まってしまいますが、脱毛をすると絡まっていた汚れや皮脂がしっかり落とせるようになるんです。

そのため、今まで汚れなどで黒ずんでいた毛穴がキレイになり、結果として毛穴がなくなったようなツルツルの肌を手に入れられます。

自己処理による「負担」が減る

脱毛 毛穴

脱毛をすれば自己処理をする必要がほとんどなくなるため、今まで毛穴や肌にかかっていた負担がかなり軽減されます。特にカミソリや毛抜きなどで自己処理をしてしまっていた方は、毛穴への効果を実感しやすいでしょう。

「黒ずみ」にアプローチ

脱毛 毛穴

毛穴に詰まった汚れがなくなったり中途半端に切れたムダ毛がなくなったりすると、毛穴の黒ずみが解消されます。ブツブツとした毛穴の黒ずみが気になっていた方も、脱毛をすると解消される可能性があるでしょう。

毛穴が「目立たなくなる」

脱毛 毛穴

毛穴がキレイになってくると、開いていた毛穴が目立たなくなります。毛穴が開いたり汚れたりしていると目立ってしまいますが、脱毛をすると汚れが減って目立ちにくくなるでしょう。

脱毛後に毛穴をキレイにするコツ

脱毛をすると毛穴がキレイになりやすくなりますが、より引き締まった毛穴を目指すのであれば以下のことに注意しましょう。

しっかり「洗う」

脱毛 毛穴

脱毛後は肌がデリケートな状態なので、洗顔や体を洗うときはは優しくしっかり行いましょう。せっかくキレイにした肌もしっかり洗わなければ、汚れや皮脂が詰まって汚く見えてしまいます。よく泡立てた洗顔やボディーソープで洗い、ぬるま湯で洗い流してからタオルでふき取ってください。

「保湿」をする

脱毛 毛穴

洗顔をしたあとは、化粧水や乳液などでしっかり保湿を行います。脱毛後は特に乾燥しやすい状態のため、保湿を怠ると肌トラブルに繋がってしまうので注意してくださいね。脱毛後、数日間はいつもよりしっかりめに保湿を行うようにしてください。

脱毛当日は赤みや炎症が出る場合もあるので、酷い場合には保湿をしながら冷やして様子を見てみましょう。

まとめ

今回は脱毛と毛穴の関係性や、おすすめの脱毛方法を紹介しました。脱毛といってもいろいろな種類があり、レーザーや光脱毛以外の方法は肌や毛穴にダメージを与えやすいので注意が必要です。毛穴のケアやトラブルに悩んでいる方は、本記事を参考にしながら脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

Related Posts

  1. 脱毛 ステロイド
  2. 脱毛 生えてくる
  3. 脱毛 飲酒
  4. 脱毛 毛が抜ける

いますぐ申し込む