コラム記事 | 脱毛前の剃り残しはどれくらい?効果的な自己処理方法とは

脱毛前の剃り残しはどれくらい?効果的な自己処理方法とは

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

脱毛に行く前には、自己処理が必要だと知っていますか?ある程度剃っておかなければ、脱毛の効果が薄れてしまうので注意が必要です。とはいえ、どれくらいの剃り残しがちょうど良いのかよく分からない方も多いですよね。そこで今回は、脱毛前の自己処理をどれくらいしたら良いのかを紹介します。

脱毛前の剃り残しはどれくらいまでOK?

脱毛 剃り残し どれくらい

脱毛前は自己処理をしてムダ毛を剃る必要がありますが、どの程度まで剃れば良いのか悩んだ経験はありませんか?剃り残しの度合いによっては上手くレーザーなどが照射できない場合もあるので、特に初めての場合は迷ってしまいますよね。

また、なぜ自己処理が必要なのか知らない方も多いはずです。そこで今回は、脱毛前の剃り残しはどれくらいまでがベストなのかを詳しく紹介します。また、部位ごとの自己処理の程度や方法、注意点なども詳しくまとめました。

さらに、自己処理でしてはいけない方法や自己処理のタイミングなどについても触れています。これから脱毛をしたいと考えている方や、自己処理をどれくらいすれば良いのか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

脱毛前に自己処理が必要な理由

脱毛 剃り残し どれくらい

脱毛前には必ず自己処理が必要になりますが、なぜ処理が必要なのか知らない方も多いでしょう。実は脱毛前の自己処理を怠ってしまうと、施術をしてもらえない場合があります。ムダ毛が生えている状態で脱毛をすると、効果が薄れたりトラブルが起きやすかったりするためです。

レーザー脱毛の場合はレーザーの光が黒い色素、つまり毛の色に反応して発熱します。そのため、毛が伸びた状態では毛穴の内側(毛根)にしっかりレーザーが届きません。さらには、皮膚表面など違うところで発熱する場合もあり、火傷などのトラブルに繋がります。

クリニックやサロンは安全に脱毛を行うため、施術前の自己処理をお願いしているわけですね。自己処理くらいしなくても大丈夫と思う方も多いかもしれませんが、トラブルや施術ミスなどを避けるためにも必ず処理をしてから脱毛に行ってくださいね。

正しい自己処理の方法とタイミング

自己処理の必要性が分かったところで、次は正しい処理方法やタイミングを紹介します。

タイミングは「2日前」

脱毛 剃り残し どれくらい

脱毛前の自己処理タイミングは、施術の2日前が基本です。2日前に処理をしておけば、万が一剃ったあとに肌トラブルがあっても、施術までに回復させられるでしょう。直前に剃るとトラブルが起きたときに対処できず、毛穴や肌へのダメージから施術が受けられない場合もあります。

「電気シェーバー」で剃ろう

脱毛 剃り残し どれくらい

自宅で自己処理をする場合は、必ず電気シェーバーを使用しましょう。電気シェーバーはカミソリなどよりも毛穴や肌への負担が少なく、毛の流れにそって剃ればほどよい長さに揃えられます。剃りすぎる心配も少ないので、どれくらい剃れば良いのか分からない方にもおすすめです。

剃ったあとは「保湿」する

脱毛 剃り残し どれくらい

自己処理を行った後は、アフターケアもしっかり行います。ムダ毛を剃った後は肌や毛穴がダメージを受けているだけでなく、乾燥しやすくなるので必ず保湿を行いましょう。脱毛前は、いつもより念入りに保湿をして状態を整えておくのがおすすめです。

「クールダウン」する

脱毛 剃り残し どれくらい

ムダ毛を剃ったあとの赤みや炎症が気になるときは、冷やしタオルなどを使ってクールダウンするのもおすすめです。冷やすと炎症や赤みが引きやすく、脱毛への影響も少なく済みます。

どれくらいまで処理すればOK?

脱毛 剃り残し どれくらい

脱毛前の自己処理は、2mm以下を目安に行います。2mm以下と言われてもイメージがわかない方も多いと思いますが、施術2日前に電気シェーバーで処理をすればほどよい長さに揃えられるでしょう。肌の表面に、黒いポツポツが残っているくらいが目安となります。

深く剃りすぎてしまうと肌荒れや毛穴へのダメージが大きくなるだけでなく、レーザーが上手く黒い色素に反応しなくなるので注意してください。自己処理をしなければならないからといって深剃りはせず、あくまでもほどよい長さに揃えるイメージで処理しましょう。

どれくらいの剃り残しがOKなのかよく分からないときは、カウンセリングや予約時にスタッフに確認しておくのがおすすめです。

これはNG!間違った自己処理方法

脱毛前の自己処理は、ただ行えば良いものではありません。以下では間違った自己処理方法を紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

「除毛クリームや毛抜き」を使う

脱毛 剃り残し どれくらい

除毛クリームはムダ毛がキレイになるイメージがありますが、脱毛前の使用は基本的にNGです。脱毛前はムダ毛をほんの少し残さなければならないため、キレイに除去してしまう除毛クリームは不向きです。肌へのダメージも大きいので、避けた方が無難でしょう。

また、毛抜きでの処理も同じく避けた方が良いです。毛穴へのダメージが大きいだけでなく、根元から抜いてしまうので脱毛が上手く進まなくなってしまいますよ。

「カミソリ」で剃る

脱毛 剃り残し どれくらい

カミソリで剃ると深剃りしやすいだけでなく、肌や毛穴へ負担がかかってしまいます。そのため、カミソリでの自己処理は避けた方が良いです。肌トラブルがあると施術が受けられない場合もあるので注意してくださいね。

「お風呂」で自己処理する

脱毛 剃り残し どれくらい

ムダ毛の処理はお風呂で行う方も多いですが、実は湯気の多いお風呂での処理は向きません。湯気が多いと剃る場所が見えにくいだけでなく、湿気のある場所では皮膚がふやけて傷付きやすくなります。また、お風呂上がりの処理や自己処理後すぐにお風呂に入るのも避けた方が良いでしょう。

部位別!自己処理のポイントとは

自己処理をする際、剃り方などに迷ったことはありませんか?ここでは、部位別の自己処理のポイントを紹介します。

「顔」は上から下へ

脱毛 剃り残し どれくらい

顔を剃る際は、上から下へなぞるようにして剃ります。顔の毛は上から下に向かって生えているため、毛の流れにそって優しく剃りましょう。特に顔周りは皮膚がデリケートで傷つきやすいため、弱い力で剃るのがおすすめです。

「腕・脚」などは肌をピンと張る

脱毛 剃り残し どれくらい

腕や脚などの剃りやすい場所はどうしても雑になってしまいがちですが、肌をピンと張らせた状態で丁寧に剃りましょう。肌を張らせておくと電気シェーバーが滑りやすくなり、余計な負担をかけずに自己処理できます。

手の届きにくい「背中」は無理せずに

脱毛 剃り残し どれくらい

手の届きにくい背中やうなじなどは、無理をせずにできる範囲で自己処理しましょう。サロンやクリニックでも背中は剃りにくい場所と理解してくれているため、多少であれば剃り残しがあっても問題ありません。無理して剃ると、ケガに繋がるので注意してくださいね。

鏡などを使って剃ることもできますが、よく見えない状態で処理するのは危険です。自分で剃れないときは家族や友人に頼んだり、サロンで相談したりしてみましょう。

「VIO」はハサミを併用

脱毛 剃り残し どれくらい

VIOラインは毛が太くて多いので、電気シェーバだけで処理するのは難しいです。そのため、まずはハサミでほどよい長さにカットしてから剃るのがおすすめです。デリケートゾーンは顔と同じく肌荒れしやすいので、優しく処理してくださいね。

剃り忘れた場合はどうなるの?

脱毛 剃り残し どれくらい

脱毛前に自己処理しなければいけないと分かっていても、忘れてしまう場合もありますよね。そんなときは、サロンやクリニックのスタッフに正直に伝えてみましょう。追加料金がかかる場合もありますが、多くの場所ではスタッフが処理してから脱毛の施術をしてくれますよ。

ただし、処理にかかった時間だけ施術時間が短くなるケースもあります。また、自己処理をしていない場合には施術を断れれる場合もあるので注意が必要です。忘れた場合の対処は、契約前のカウンセリング時などに聞いておくと安心でしょう。

まとめ

今回は、脱毛の剃り残しがどれくらいまでOKなのか紹介しました。脱毛前の自己処理は必須ですが、剃り方を間違えると肌トラブルが起きて脱毛の施術が受けられなくなる場合もあります。今回紹介した処理方法やタイミングを参考にしながら、正しい自己処理をしてスムーズに脱毛を進めてみてくださいね。

Related Posts

  1. 脱毛 ステロイド
  2. 脱毛 生えてくる
  3. 脱毛 飲酒
  4. 脱毛 毛が抜ける

いますぐ申し込む