コラム記事 | 埋没毛には医療レーザー脱毛が効果的?【原因とセルフケア方法も紹介】

埋没毛には医療レーザー脱毛が効果的?【原因とセルフケア方法も紹介】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

自己処理の仕方が原因で引き起こされる埋没毛をご存知ですか。埋没毛とは、皮膚の下に毛が埋もれて毛が毛穴から外に出てこられない状態のことです。今回は、埋没毛の及ぼすリスクややケアのポイントを紹介していきます。

脱毛にあたっての埋没毛の対策とスキンケアのポイント

脱毛 埋没毛

自己処理をすることで引き起こされる埋没毛は、美容脱毛をする時に予防しておきたい肌トラブルのひとつです。埋没毛を放っておくと、肌が炎症を起こしたり黒ずみが生じたりする場合があります。医療レーザー脱毛では埋没毛ごとにケアすることができ、埋没毛の予防や改善にもつながるのです。

脱毛をするなら、なるべく埋没毛を防ぎたいですよね。埋没毛を予防するには、毛穴表面の皮膚を傷つけないことと肌の循環をよくし、ターンオーバーを正常な状態にすることが重要です。

そこで今回は、埋没毛の原因や症状、対策とともにスキンケアのポイントについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にして医療脱毛やサロン脱毛に行く際の参考にしてみてくださいね。

埋没毛とは

脱毛 埋没毛

埋没毛とは、毛穴から育った毛が皮膚の表面に出てこれない状態の毛のことです。皮膚で毛穴が塞がれ、表面に出られず毛が育っていくため、皮膚の下に丸まった毛や黒いポツポツとした点が発生します。これを埋没毛と言い、放っておくと肌トラブルの原因にもなる症状です。

原因は自己処理の仕方

脱毛 埋没毛

埋没毛のほとんどが自己処理によるスキンケアが原因で発生すると考えられています。埋没毛は毛穴がある場所ならどこにでもできる可能性のある症状ですが、特にできやすいと言われているのは、よく自己処理を行う部位です。例を挙げると、脇・腕・足・VIOのデリケートゾーンが挙げられます。

埋没毛ができてしまうのは、カミソリで処理をした際に刃が皮膚表面を傷つけることが原因です。傷を治そうとかさぶたがつくられ、毛穴がふさがれます。そのため、生成された毛が皮膚の中に埋もれてしまうのです。さらに、剃った毛の断面が細くとがることで、毛先が皮膚に潜り込んで埋没毛となります。

この他にも、毛抜きやブラジリアンワックスで強く毛を引き抜くことでも埋没毛は起こります。毛根や毛穴が傷つき、ダメージを受けた周辺の皮膚は代謝が悪くなります。肌のターンオーバーは正常に働かなくなることも。そのため、角質層が毛穴を塞ぎ、埋没毛ができる確率が高まります。

埋没毛はなぜ悪い?

脱毛 埋没毛

通常、埋没毛は肌のターンオーバーの循環により引き起こされる症状です。埋没毛を放っておくと、皮膚が炎症を起こしたり黒ずみの原因になったりするので注意が必要です。

肌のターンオーバーが悪いと埋没毛になる

脱毛 埋没毛

日々のストレスや無理なダイエットによる生活習慣の乱れから体の代謝が悪くなったり、紫外線の浴びすぎや自己処理によって皮膚表面がダメージを受けたりすることで肌のターンオーバーが悪くなり埋没毛が引き起こされます。

埋没毛は毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こす恐れが

脱毛 埋没毛

皮膚の表面に毛が排出されないために炎症を起こすケースがあります。これを毛嚢炎(もうのうえん)と言います。毛嚢炎が起きた箇所は黒ずみとなって色素が沈着する可能性が高まり、皮膚科を受診することにもなりかねません。

毛嚢炎(もうのうえん)とは

脱毛 埋没毛

毛嚢炎とは、毛根を包む役目をしている「毛嚢」に細菌がたまり、炎症を引き起こす症状のことを言います。

毛嚢炎の症状

脱毛 埋没毛

毛嚢炎を起こしている毛穴の数が少なくて、かゆみや痛みがそれほどない場合は、自然と治癒していくものがほとんどですが、悪化すると肌が赤みを帯びて膿んできます。かゆみや痛みを伴うものもあり、皮膚科の受診が必要なほどの症状になることも。毛嚢炎の数が多い場合や、強いかゆみや痛みを伴い出したら要注意です。

毛嚢炎の悪化による色素沈着

脱毛 埋没毛

毛嚢炎が悪化して膿むことで、黒色のメラニンが発生し、黒ずみとなって肌に沈着する場合があります。この黒ずみを軽減するためには、美容皮膚科に行かなくてはならなくなる場合も考えられます。

ターンオーバーが悪いと色素が定着することも

脱毛 埋没毛

肌のターンオーバーが正常であれば、色素沈着した部分も徐々に薄くなっていきますが、ターンオーバーが乱れたままだったり誤ったケアを繰り返し行ったりすることで、沈着した色素が定着することもあるのです。

脱毛前にケアできること

脱毛 埋没毛

自分ですぐにできるケア方法として、自己処理をしないこととターンオーバーを促進させることの2つが挙げられます。

毛の自己処理をしない

脱毛 埋没毛

肌の表面を痛めつけてしまうカミソリや毛抜き、ブラジリアンワックスを使った自己処理は控えることをおすすめします。毛を引っ張る行為が毛穴にダメージを与え、肌への負担を大きくしがちです。その結果、埋没毛を発生させる原因にもなりますので、自己処理を控えることが埋没毛を予防する第一手段となります。

ターンオーバーを正常にする

脱毛 埋没毛

何よりも大切なのは、ターンオーバーを正常に働かせることです。代謝を良くし、ターンオーバーが正常に働くことで、毛穴の古い角質がうまく循環し、毛穴が皮膚を塞がなります。また、尿素が配合されたクリームを使って肌を保湿し、古い角質を除去することで、毛が表面に出てくるようになることも考えられます。

クリームやローションで肌を保湿

脱毛 埋没毛

肌が乾燥すると、皮膚が硬くなって埋没毛になるリスクが高まります。そこで有効なのがクリームやローションで肌を乾燥から守る方法です。肌を乾燥させないように保湿することで埋没毛の予防になります。

すでに埋没毛ができている場合は、尿素配合のクリームで保湿しながら古い角質を取り除き、ターンオーバーをサポートします。

ピーリングやスクラブで古い角質を除去

脱毛 埋没毛

肌をなめらかにするピーリングやスクラブでのお手入れも有効です。肌表面の汚れや角質を落とし、埋没毛を予防します。ただし、頻繁にピーリングやスクラブを行うと肌への負担が大きくなりますので、肌に負担をかけすぎないためにもお手入れは週1〜2回がおすすめです。

医療レーザー脱毛なら埋没毛を予防しながら施術できる

脱毛 埋没毛

埋没毛は、皮膚表面に毛が出てこなければ抜いたり剃ったりすることはできませんが、医療レーザー脱毛なら、埋没毛に直接アプローチすることができます。医療レーザー脱毛では、毛の黒いメラニン色素に反応するレーザーを使用するので、皮膚の中に埋まっている毛の毛根に働きかけることができるのです。

医療脱毛で使用する機器は照射出力が高く、レーザーはメラニンに反応するので肌の表面からでもメラニン色素に反応します。

しかし、表面に出ている毛とは効果が異なり、埋没毛にアプローチをかけるときは通常より多めの施術が必要です。そのため、少しずつ時間をかけて改善していく方法をとっていきます。

まとめ

埋没毛の原因や脱毛をするにあたっての対策をご紹介しました。脱毛と埋没毛の関係性や、埋没毛に潜む危険性などご理解いただけましたでしょうか。埋没毛を予防するためにも、自己処理の仕方や日頃からできるケアの仕方などぜひ参考にしてくださいね。

健やかな肌を保ちつつ、効率よく脱毛へと取り組んで、美しい素肌を手に入れましょう!

Related Posts

  1. 脱毛 ステロイド
  2. 脱毛 生えてくる

いますぐ申し込む