コラム記事 | 授乳中に脱毛はできる?【理由や施術のリスクも紹介】

授乳中に脱毛はできる?【理由や施術のリスクも紹介】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

脱毛サロンや脱毛クリニックへは、授乳中でも通えるのでしょうか。季節のタイミングなどによっては脱毛が必要になってくることもありますよね。今回は、授乳中の脱毛について詳しく調査してみました。ぜひ参考にして、授乳中でも快適に過ごせるよう役立ててください!

授乳中に脱毛サロンやクリニックに通うことは可能?

脱毛 授乳中

授乳中に脱毛サロンや脱毛クリニックに通うことはできるのでしょうか。妊娠以前から脱毛に通っていたりすると、いつ頃から脱毛再開できるのか気になりますよね。何らかの理由でどうしても脱毛に行きたい場面に出くわすことだってあると思います。実は、授乳中の脱毛はできるサロンとできないサロンがあるのです。

基本的には、妊娠中はほぼ全てのサロンで脱毛はできないとされていますが、授乳期に入ると受け入れがあるサロンもあります。しかし、サロンやクリニックによって受け入れ態勢が異なるのはなぜなのでしょうか。

そこで今回は、授乳中に脱毛することでどのような影響があるのか、また、授乳中の脱毛と体の仕組みについて詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んで、授乳期の脱毛について参考にしてくださいね。

脱毛することで母乳に影響が出ることはない

脱毛 授乳中

サロンやクリニックで使う脱毛機を使うことにより母乳に影響が出ることはありません。肌表面から光やレーザーを照射して脱毛をしていきますが、光やレーザーが照射するのは皮膚の皮下組織です。非常に肌の浅い部分にしか光やレーザーの照射は届かず、母乳や母体に影響を及ぼすことはありません。

では、なぜ授乳中だとお手入れNGのサロンやクリニックがあるのでしょうか。NGの理由を紐解いていきたいと思います。

授乳中の脱毛がOKとNGの差があるのはなぜ?

脱毛 授乳中

授乳中でも母乳や母体には害がないとされる照射による脱毛ですが、サロンによっては受け付けていないところもあります。害がないのになぜ通えるサロンと通えないサロンとに分かれてしまうのでしょうか。ここでは、授乳中により引き起こされる脱毛効果との関係にスポットを当てていきます。

ホルモンバランスの乱れで肌に影響がでる可能性が

脱毛 授乳中

実は、授乳中はホルモンバランスが大きく乱れやすい時期なのです。そのため、肌トラブルも起こりやすく、脱毛効果がうまく発揮できない可能性があるため、お手入れを見合わせるサロンが多くあります。お手入れによる影響はないものの、ホルモンのバランスにより脱毛効果に影響が出てしまうのです。

ホルモンバランスが乱れると、毛髪が抜けたり肌がカサついたりと色んな症状が出る場合があるので、注意が必要です。ホルモンの分泌は自分ではコントロールできないので、お手入れはホルモンのバランスが正常に戻ってからが好ましいと言われています。

毛嚢炎(もうのうえん)になるリスクも

脱毛 授乳中

ホルモンバランスが乱れ、代謝にも影響を及ぼしてくると毛嚢炎(もうのうえん)などの肌トラブルのリスクも高まります。出産後は、女性ホルモンが大幅に狂いやすく、生活習慣の乱れやちょっとしたことでストレスが溜まりやすい状態です。それが原因で肌の免疫力が下がり、代謝や血行にも影響して毛嚢炎につながることも。

毛嚢炎を予防するなら、いつも以上にバランスのとれた食事や質のいい睡眠を心がけなくてはいけません。

「プロラクチン」の分泌で毛深くなる時期のため

脱毛 授乳中

授乳中には、母乳を作る働きを担う女性ホルモンの「プロラクチン」が多く分泌されます。プロラクチンとは、乳腺の発達を促したり乳汁を分泌したりするホルモンです。汗腺や毛包での産生が確認されています。皮膚の生理機能にも関与していて、毛が濃くなる作用もあるのです。

出産後は、体が母体を守ろうと働くため、体毛が全体的に毛深くなる傾向にあります。ですので、この時期に脱毛を行っても、思ったような効果はなかなか出ないことが多く、お手入れの回数だけをこなして効果が出ないなどの事態になりかねないのです。

そうなると、無駄なお金と時間だけを使うことになりますよね。このようなトラブルをなくすために、授乳中は脱毛を受け付けないサロンやクリニックが多くあるのです。

トラブルが起こった時服用できる薬に限られてくるから

脱毛 授乳中

授乳中は、母親の食べたものがそのまま母乳となって出てくるため、服用できる薬や食べ物にも制限があります。そのため、万が一お手入れを再開して肌やその他のトラブルが引き起こされた場合が大変です。

治療にも制限がかかってしまい、処置できずに傷跡として残る可能性が高まりますよね。そういった理由で授乳中はお手入れNGとしているサロンもあります。

育児疲れや母乳に栄養がまわり体力低下しているから

脱毛 授乳中

授乳期は、お母さんの体が赤ちゃんに栄養を分けている状態です。育児のために生活が不規則になりがちで睡眠不足に陥ることもよくあります。元気に見えても授乳中の母親の体力は低下していることが多いのです。

疲れが溜まっている状態でお手入れに入ると、具合が悪くなったり、思いがけないトラブルに見舞われたりすることも考えられます。

授乳中は自己処理も注意が必要

脱毛 授乳中

せめて自己処理だけでもと思う気持ちもわかりますが、自己処理での脱毛もあまりおすすめできません。角質を削ってしまったりさらに毛深くなってしまったりするので注意が必要です。また、授乳中なのでホルモンバランスの影響で普段以上に肌が痛む可能性もあります。

カミソリを使う場合は埋没毛になるリスクも高まりますのでご注意ください。

ホルモンによる多毛は授乳期を終えると収まる

脱毛 授乳中

授乳中はホルモンバランスの影響で毛深くなりますが、ずっとそのままというわけではありません。授乳がひと段落すればホルモンバランスも落ち着き、多毛化も収まります。元の体質の毛の量に戻るので、脱毛に行くのはホルモンが落ち着いてからがおすすめです。

ホルモンバランスの乱れを避けるために母乳ではなくミルクを与える人もいますが、そうすることで生理の再開が早まる確率が上がり、ホルモンバランスが正常に戻ります。

脱毛を開始するのに適している時期

脱毛 授乳中

では、ホルモンバランスが整い、脱毛を開始、または再開するのに適している時期はいつなのでしょうか。ここでは、一般的に言われている適した時期をご紹介します。

基本的には生理がきたらOK

脱毛 授乳中

出産後の脱毛開始日もサロンやクリニックごとに異なりますが、一般的には出産後に1回目の生理が来たらOK、または、2回目の生理が来たらOKのサロンやクリニックがあります。ちなみに、個人差はありますが、平均的な出産後の生理再開は約1年ほどとなっています。

人によって生理再開日が異なりますし、赤ちゃんの卒乳時期もそれぞれです。もし、脱毛に通っている最中に妊娠したとなれば、妊娠・出産・生理再開と、かなり長い期間のブランクが発生することになります。

また、ミルクで育てる人の場合は、出産後約3ヶ月ほどで生理がくるというケースもあり、そういった人であれば比較的早く脱毛を再開できるでしょう。

クリニックは生理再開前からOKなところも

脱毛 授乳中

基本的に多いのが、出産後に生理が再開してから受け付けをしてくれる脱毛サロンです。しかし、医療脱毛クリニックの場合、生理前から受け付けてくれるクリニックもあります。サロンとクリニックでも対応が異なりますので、その辺も各機関で確認が必要となってくるでしょう。

まとめ

授乳中の脱毛についてご紹介しました。上記の通り、授乳中の脱毛は母乳や母体に影響はありませんが、女性ホルモンのバランスの乱れによって施術効果に違いが出てくることが考えられます。授乳中の体のことをよく調べて、よりよい脱毛を行っていってくださいね。

Related Posts

  1. 脱毛 ステロイド

いますぐ申し込む