コラム記事 | 蓄熱式脱毛は痛い?効果は?熱破壊式との違いも紹介!【医療レーザー脱毛】

蓄熱式脱毛は痛い?効果は?熱破壊式との違いも紹介!【医療レーザー脱毛】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

脱毛を行う女性が増えている中で注目されている医療レーザー脱毛ですが、どのような脱毛なのか興味のある方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、医療レーザー脱毛の蓄熱式レーザー脱毛とはどのようなものなのかを紹介します。また、デメリットや脱毛後のケア方法なども見ていくのでぜひ参考にしてみてください。

蓄熱式レーザー脱毛でキレイを手に入れよう!

脱毛 蓄熱式

最新の脱毛方法として注目されている医療レーザー脱毛ですが、どのような脱毛なのか興味のある方は多いのではないでしょうか。医療レーザー脱毛とは、国家資格を持っているスタッフのいるクリニックで施術を行うためエステサロンで行う施術よりも高い効果が期待できます。

医療レーザー脱毛には、「蓄熱式レーザー脱毛」と「破壊式レーザー脱毛」2種類があり、それぞれ効果や仕組みが異なるため知っておくとよいでしょう。そこで今回は、蓄熱式レーザー脱毛について詳しく見ていきましょう。

また、蓄熱式レーザー脱毛と熱破壊式レーザー脱毛の違いやデメリット、脱毛後のケアの方法も合わせて紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

蓄熱式と熱破壊式の違い

医療レーザー脱毛には蓄熱式と熱破壊式の2種類があり、それぞれ仕組みや効果が異なります。ここでは、蓄熱式レーザー脱毛と熱破壊式レーザー脱毛の違いについて詳しく見ていきましょう。

高出力で一気に脱毛する「熱破壊式レーザー脱毛」

脱毛 蓄熱式

熱破壊式レーザー脱毛とはショット式とも呼ばれ、高出力の医療レーザー脱毛です。毛根の発毛組織を一瞬で破壊するため、脱毛の効果を実感しやすく短期間で脱毛することができます。しかし、熱破壊式レーザー脱毛は太い毛には効果が高いですが、色素の薄い毛には効果が感じづらいというのがデメリットです。

また、熱破壊式レーザー脱毛は高出力でのレーザーを肌に照射するので、痛みを伴う恐れがあります。そのため、痛みに弱い方にはおすすめできません。

痛みの少ない「蓄熱式レーザー」

脱毛 蓄熱式

蓄熱式レーザー脱毛とは、熱破壊式とは異なり低出力の医療レーザー脱毛です。低出力のため効果をすぐに実感することはできず、脱毛するまでに多く通院する必要があります。しかし、熱破壊式より出力が低いため痛みが少なく、痛みが苦手な方や肌のダメージを抑えてゆっくりと効果が実感できればよいという方にはおすすめです。

蓄熱式レーザー脱毛のメリット

蓄熱式レーザー脱毛は熱破壊式レーザー脱毛に比べて、さまざまなメリットがあります。ここでは蓄熱式レーザー脱毛のメリットを詳しく解説していきます。

痛みが軽く「肌への負担」も少ない

脱毛 蓄熱式

蓄熱式レーザー脱毛は低出力のため、効果はすぐに実感できる施術ではありませんが、肌や毛穴への負担が少ないというメリットがあります。施術の痛みにも最大限に配慮しているため、痛みが苦手な人におすすめです。

肌がもともと弱く、脱毛を諦めていた方もチャレンジしやすいでしょう。

「産毛」にも効果アリ

脱毛 蓄熱式

従来のレーザー脱毛は毛乳頭を破壊し毛が成長する土台の働きを止めることで、そこから毛が生えないようにする脱毛が一般的でした。蓄熱式レーザー脱毛は、毛を成長させるための命令を出す発毛因子を分泌するバルジ領域自体を壊す脱毛方法です。

バルジ領域は真皮に存在しているため毛と繋がりはなく、黒い毛を通して熱破壊するレーザー脱毛はと違って産毛などの色素の薄い個所でも脱毛ができます。

「日焼けした肌」にも使用可能

脱毛 蓄熱式

従来のレーザー脱毛では、メラニン色素に反応してしまうため日焼けした肌には使用することができませんでした。蓄熱式レーザー脱毛はメラニン色素などに反応しないため、白髪や産毛など色素が薄い部分もしっかりと脱毛を実感できます。

また、従来にレーザー脱毛は対応が難しかったシミやほくろが多い方でも施術を受けることができ、幅広い肌質に対応が可能です。

効果が出にくいデメリットもある

脱毛 蓄熱式

メリットの多い蓄熱式レーザー脱毛にもわずかですが、デメリットが存在します。熱破壊式レーザー脱毛に比べると出力が弱いため効果が実感しにくい可能性が高いことです。蓄熱式レーザー脱毛はやんわりと熱を加えていくので、施術後すぐに毛が抜けていくわけではありません。

また、蓄熱式レーザー脱毛は歴史がまだ浅いため、科学的根拠を示すものが少ないのもデメリットといえるでしょう。そのため、すぐに効果を実感したい方や、科学的根拠がはっきりしてる方がよいという方には、熱破壊式レーザー脱毛をおすすめします。

蓄熱式レーザー脱毛の施術時間と回数

蓄熱式レーザー脱毛のメリットやデメリットが分かったところで、今度は蓄熱式レーザー脱毛の施術時間や回数について詳しく紹介していきます。

施術時間は「1時間前後」

脱毛 蓄熱式

蓄熱式レーザー脱毛の施術時間は全身であれば1回あたり1時間前後、各部位ごとであれば15~20分くらいです。ほかの脱毛器と比べると施術の時間は短く、仕事帰りやあまり時間の無いときでも、気軽に施術を受けることができます。

長時間拘束されるのが苦手な方や、家事や育児に忙しく時間のない方にもおすすめです。

施術回数は「5~10回程度」

脱毛 蓄熱式

蓄熱式レーザー脱毛の施術の回数は個人差はありますが、しっかり効果を感じられるのは5~10回程度です。施術をしてすぐに効果を実感できる熱破壊式レーザー脱毛とは違い、施術後すぐに効果を感じることはできませんが、1度抜けてしまえばほぼ毛が生えてくることはありません。

毛には毛周期と呼ばれる生えるサイクルがあるので、そのサイクルに合わせて脱毛に通う必要があります。1回通って効果が得られないと感じても、諦めずに最後までしっかり通えば少しずつ効果が感じられるでしょう。

蓄熱式レーザー脱毛後のケアも大切

熱破壊式レーザー脱毛後は、お肌のケアをすることが大切です。ここでは、脱毛後のケアの方法について詳しく見ていきましょう。

「保湿」をしっかり行う

脱毛 蓄熱式

蓄熱式レーザー脱毛後は肌がダメージを受けデリケートな状態になっています。炎症を起こしやすくなっているので、保湿力の高いオイルやクリームなどのスキンケアのアイテムを使い、しっかりと保湿するようにしましょう。

十分に保湿をしておけば次回の脱毛時に痛みが軽減されるなどの、メリットがあるので忘れないようにしてくださいね。

「日焼け」に注意する

脱毛 蓄熱式

脱毛後の肌はバリア機能が弱っているため、日焼けをしやすい状態になっています。日焼けをしてしまうと肌が炎症を起こす可能性もあります。そのため、脱毛後には日焼け止めのクリームや日傘などを活用して日焼けをしないようにしましょう。

炎症したときは「冷やす」

脱毛 蓄熱式

脱毛後は副反応で赤みや炎症といった症状が出る場合があります。通常なら2~3日で収まるのですが、赤みが炎症などが酷く症状が治まらない場合は濡れたタオルなどを使用して冷やすようにしましょう。

冷やし過ぎもよくないので、氷や保冷材などは直接当てないようにしてください。また、クリニックで処方された炎症止めのクリームなどを塗るとより効果的です。どうしても炎症が治まらないときは、クリニックに相談したり皮膚科に行ったりしてみてくださいね。

まとめ

医療レーザー脱毛には、蓄熱式レーザー脱毛と熱破壊式レーザー脱毛の2種類があります。蓄熱式は効果を実感できるまでが少し遅いですが、肌の負担も少なくシミやほくろのある方でも施術を受けることができます。この記事を読んで、蓄熱式レーザー脱毛を受ける際の参考にしてはいかがでしょうか。

Related Posts

  1. 脱毛 ステロイド

いますぐ申し込む