コラム記事 | すね毛をガムテープで脱毛するのは危険?【負担の少ない処理方法も紹介】

すね毛をガムテープで脱毛するのは危険?【負担の少ない処理方法も紹介】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

すね毛や腕毛、ひげなど、気になる部分のムダ毛をガムテープで脱毛しようと思った経験はありませんか?ガムテープ脱毛はブラジリアンワックスと同じような原理と思われることが多く、実際にやったことがある方も多いはずです。しかし、本当に効果があるのでしょうか。今回はガムテープ脱毛の危険さや、デメリットなどを詳しく紹介します。

ガムテープ脱毛は肌トラブルの危険アリ!

脱毛 ガムテープ

自宅で気軽に脱毛をしようと考えた際、ガムテープを気になる部位に貼ってはがす方法を思い浮かべた経験はありませんか?痛みはあるものの、自宅にあるもので手軽にできるので試したことのある方も多いと思います。

しかし、ガムテープを使った脱毛方法は非常に危険なので避けた方が無難です。よくブラジリアンワックスと同じだと言われますが、実際には全く異なるものなので脱毛としてはほとんど機能しません。

とはいえ、なぜガムテープを使った脱毛をしてはいけないのか気になる方も多いでしょう。そこで今回は、ガムテープ脱毛が危険な理由や起こる可能性のあるトラブルを詳しく紹介します。万が一やってしまった場合の対処も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ガムテープ脱毛のやり方とは

脱毛 ガムテープ

ガムテープ脱毛の方法は非常に簡単で、市販のガムテープを脱毛したい部位に貼ってはがすだけです。やり方はとても簡単ですが、実際にやるとなるとはがす際に強い痛みを感じてしまいます。また、粘着力の強いガムテープをはがすので、肌へのダメージも強いです。

サロンやクリニックに通うのと比べると安価で脱毛できるように感じてしまいますが、実は思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。もし肌荒れを引き起こして皮膚科に通うことになったら、診察や薬で余計なお金がかかってしまいますよね。

そもそもガムテープ脱毛は正しい脱毛方法ではないため、安価で試せるからといって気軽に行うのはおすすめできません。トラブルが起きてからでは遅いので、ガムテープ脱毛を試す前にこの記事を読んでデメリットや危険性についてよく考えてみてくださいね。

ガムテープ脱毛はなぜ危険?

まずは、ガムテープ脱毛がなぜ危険なのか紹介します。危険な理由ばかりなので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

毛穴が広がって「毛が濃くなる」

脱毛 ガムテープ

ガムテープを使って無理やり毛を抜こうとすると、毛穴が広がりやすくなってしまいます。毛穴が広がると皮脂などが詰まって肌荒れを引き起こしやすくなるだけでなく、ムダ毛が太くなったり濃くなったりしたように見える場合もあるでしょう。

脱毛しようと痛い思いをして毛を抜いているのにも関わらず、さらに毛が濃くなったら意味がありませんよね。

「肌の表面」に大ダメージ

脱毛 ガムテープ

ガムテープは粘着力が強く、ムダ毛だけでなく肌にまでダメージを与えてしまいます。ムダ毛を抜こうと腕や足にガムテープを貼ると、どうしても肌の表面もガムテープにピッタリくっついてしまいますよね。

そんな状態で一気にガムテープをはがせば、当然肌の表面にも大きなダメージを与えます。ガムテープは人の肌に貼ることを想定して作られていないため、肌が弱い方であれば貼った時点で痒くなったり荒れたりする場合もあるでしょう。

「繰り返し」行う必要がある

脱毛 ガムテープ

ガムテープを使った脱毛は一度でたくさんの毛が抜けるイメージがありますが、実際には根本からしっかり抜けている毛は少ないです。そのため、ムダ毛を減らすには何度も貼ったりはがしたりする必要があり、肌や毛穴へのダメージはどんどん蓄積されてしまいます。

手軽にできると思っていた方も、何度も繰り返さなければならないと分かるとガムテープ脱毛の危険性が分かるのではないでしょうか。

「埋没毛」になりやすい

脱毛 ガムテープ

ガムテープでムダ毛を引き抜くと、毛穴が傷ついて炎症を起こしてしまう可能性があります。炎症を起こした毛穴付近の皮膚は傷を回復させようと新しい皮膚で毛穴を覆うため、中に残った毛が埋没毛になってしまうのです。

一度埋没毛になってしまうと、その後の脱毛や処理も大変になってしまうので注意しましょう。

「黒ずみ・色素沈着」の原因にも

脱毛 ガムテープ

ガムテープを貼ってはがした肌の表面は炎症が起き、毛穴が広がった状態です。広がった毛穴に雑菌が入ったり、炎症が悪化すると黒ずみや色素沈着を引き起こす可能性があります。埋没毛と同様、黒ずみや色素沈着も一度なってしまうと回復しにくいので注意してください。

ブラジリアンワックスとの違い

ガムテープと似た脱毛方法に、ワックスを塗って固めてはがすブラジリアンワックスがありますよね。ここでは、それぞれの違いを詳しく紹介します。

「素材」の違い

脱毛 ガムテープ

ガムテープや天然ゴムなどを使って作られているため、肌に貼ると肌荒れやトラブルを引き起こしてしまいます。一方で、ブラジリアンワックスはハチミツなどの肌に優しい成分で作られているのが特徴です。

原理は同じように見えても、ブラジリアンワックスは肌に負担のかからないように工夫されているのが分かりますね。

毛への「密着度」の違い

脱毛 ガムテープ

ガムテープはあくまでもテープなので、しっかり毛に密着させたり絡めたりすることはできませんよね。しかし、ブラジリアンワックスは液体状のものを肌に塗って固めるので細かな毛までしっかり絡めとってくれます。

とはいえ、ブラジリアンワックスも強い痛みや肌へのダメージを与えることに変わりはないので注意しましょう。ブラジリアンワックスは即効性のある脱毛方法ではありますが、肌の弱い方にはおすすめできません。

ガムテープ脱毛をしてしまったら?

ここでは万が一、ガムテープ脱毛をしてしまった際の対処法を紹介します。炎症や腹トラブルを長引かせないためにも、早めに対処してくださいね。

「炎症・赤み」は冷やす

脱毛 ガムテープ

もしガムテープ脱毛をしてしまった場合は、炎症や赤みが出る可能性があります。そんなときは、濡らしたタオルなどで冷やしながら様子を見てください。冷やしすぎもよくないため、保冷剤などでキンキンに冷やさないようにしてくださいね。

「保湿ケア」をしっかり行う

脱毛 ガムテープ

ダメージを負った肌は乾燥しやすくなるので、ガムテープ脱毛をしてしまった後はしっかり保湿をするのも大切です。化粧水や乳液、ボディークリームなどで保湿をしながらケアしてみてください。

酷い場合は「皮膚科」へ

脱毛 ガムテープ

症状が酷いときは自分でなんとかしようとせず、皮膚科を受診しましょう。病院の薬を塗れば、回復する可能性もありますよ。セルフケアには限界があるので、数日様子を見て良くならないときは迷わず受診してくださいね。

自己処理の方法とは

ガムテープで脱毛をしようと考える方の多くは、ムダ毛を自己処理したいと考えていますよね。ここでは、ムダ毛を自己処理する方法を紹介します。

キレイにするなら「除毛クリーム」

脱毛 ガムテープ

手軽につるつるに処理するなら除毛クリームがおすすめです。クリームを塗って時間を置き、水で流したりふき取ったりするだけでムダ毛を処理できます。ただし、肌の弱い方は荒れる場合があるので注意しましょう。

手軽に処理するなら「カミソリ」

脱毛 ガムテープ

カミソリでの処理は自己処理の中でも手軽ですが、やり方によっては肌を傷める危険もあります。クリームやボディーソープなどをたっぷりと付け、毛の流れにそって優しく剃りましょう。また、剃ったあとの保湿やケアも欠かせません。

ムダ毛の処理なら脱毛サロンがおすすめ!

脱毛 ガムテープ

ここまで、ガムテープ脱毛の怖さや危険性を紹介してきました。肌トラブルや埋没毛の発生、強い痛みなどさまざまな危険性があるガムテープ脱毛。ダメと分かっていても、手軽に脱毛をしたいと考える方は多いですよね。

そんなときは、脱毛サロンやクリニックでの脱毛をおすすめします。高価で時間のかかるイメージの強い脱毛サロンですが、実際には1回の施術は短時間かつ安価で済む場合も多いです。

特に医療脱毛は少ない回数で脱毛できるだけでなく、医師免許を持っている方が施術してくれます。アフターケアが充実しているクリニックも多いので、気になる方はぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

今回は、ガムテープ脱毛の危険性やブラジリアンワックスとの違いについて紹介しました。手軽かつ安価にできるガムテープ脱毛ですが、実は多くの危険やデメリットがあります。せっかくキレイになろうと思っているのに、肌が荒れたら意味がないですよね。そんなことを防ぐためにも、脱毛サロンなどで脱毛を行うのがおすすめですよ。

Related Posts

  1. 脱毛 ステロイド

いますぐ申し込む