コラム記事 | リバウンドしないダイエットの4つのポイントは?

リバウンドしないダイエットの4つのポイントは?

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

ダイエットに成功したあとにまた太ってしまうリバウンドはダイエットの天敵ですよね。リバウンドする原因とは何なのでしょうか。原因がわかれば、リバウンドしないように防ぐことが可能です。そこで今回は、リバウンドが起こる原因やリバウンドを回避するポイント等を詳しく解説します。

リバウンドしないことがダイエット成功へのカギになる!

ダイエット リバウンドしない

せっかくダイエットで痩せれたのに、リバウンドして元の体重以上に太ってしまったという方は多いのではないでしょうか。リバウンドはダイエットする方にとって、最大の敵です。

リバウンドを防ぐということが、実はダイエット成功へのカギになるんです。痩せた体をキープするためにもリバウンドについて詳しくなりましょう。

今回はなぜリバウンドが起こるのか、リバウンドしないダイエット方法はあるか等リバウンドについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

まずはリバウンドについて知ろう!

まずリバウンドとはなんなのかを知っておきましょう。リバウンドの仕組みを知っているだけで、リバウンド対策ができるようになります。

ダイエット後に体重が増えることがリバウンド

ダイエット リバウンドしない

リバウンドは、ダイエットで痩せた後にダイエット前の体重に戻ることを言います。また、元の体重以上に増えてしまった場合もリバウンドです。ダイエットをしている方の内、約6割もの方がリバウンドを経験しています。

リバウンドを繰り返すと、筋肉量が減少し脂肪が溜まりやすくなるデメリットがあります。なので、ただ体重を減らすだけではなく、リバウンドしにくい体作りをしなければなりません。

リバウンドは誰でも起こりうる現象

ダイエット リバウンドしない

リバウンドは体重が減少することによって、脳が生命の危機にさらされていると判断して、元の体重に戻そうと働きかけるために起こる現象です。体の防御反応の現れで、体重が減少すれば誰でも起こります。

特に短期間で体重を大幅に落とした場合や極端な食事制限をしている場合に、リバウンドは起こりやすい傾向にあります。リバウンドを防ぐためには、防御反応を抑える方法を知る必要があります。

停滞期はリバウンドしやすい!

ダイエットで順調に体重が落ちても、あるとき体重が落ちにくくなる停滞期に入ります。停滞期も体の防御反応なのですが、停滞期にダイエットを諦めてしまうとリバウンドしやすいです。

停滞期はダイエットの失敗ではない

ダイエット リバウンドしない

停滞期はダイエットを始めて1か月後、もしくは体重が5%ほど落ちたタイミングで入りやすいといわれています。体重が50kgの方の場合-2.5kg落ちると、なにしても体重が落ちにくくなります。

体重が落ちにくくなるのは、体を一定の状態にキープしようとする防御反応です。誰でも起こる現象なので、体重が落ちにくくなったからといってダイエット失敗と思わないようにしましょう。

停滞期にリバウンドしやすい

ダイエット リバウンドしない

停滞期は、急激な体重変化に対応するため消費エネルギーが少なくなっています。また、元の体重に戻そうとするので、栄養が吸収されやすく脂肪が溜まりやすい状態になっている期間です。この時にダイエットを諦めてしまうと、リバウンドしやすくなります。

停滞期は、体重を落とした体を慣らすための大切な準備期間と考えましょう。痩せるためには必要な期間と割り切り、諦めずにダイエットを継続しましょう。

リバウンドしないダイエット方法をご紹介!

リバウンドを防ぎ、ダイエットを成功させる方法をご紹介します。リバウンドする前に、ぜひご覧ください。

停滞期は前向きに考える

ダイエット リバウンドしない

停滞期に入るとなかなか体重が落ちないので、ダイエットを諦めてしまう方は多いと思います。しかし、停滞期は太りやすい時期でもあるので、ダイエットをやめてしまうとリバウンドします。

停滞期は体の防御反応で、正常な反応の1つです。痩せるために必要な期間と前向きに考え、ダイエットを続けましょう。ただし、極端な食事制限をしたり激しい運動をするのはひかえましょう。防御反応が強く働き、逆に痩せにくくなるリスクがあります。

バランスの摂れた食事を心がける

ダイエット リバウンドしない

リバウンドしないためには、栄養バランスのとれた食事を3食きちんと食べることです。脂肪になる炭水化物や脂質を多く含む食べ物は少しずつ減らしていき、ミネラルやビタミンが多く含まれている野菜をしっかり食べましょう。

また、筋肉の元になるタンパク質も忘れずに摂ってください。摂取カロリーが消費カロリーを上回らなければ、体重が増えることはないのでリバウンド防止につながります。

適度な運動をする

ダイエット リバウンドしない

食事制限だけで体重を減らすと筋肉量が落ちます。筋肉量が落ちると代謝も落ちるので、ダイエット後にリバウンドしやすくなります。なので、適度に運動して筋肉量を増やし、リバウンドしにくい体をつくりましょう。

体重を減らしたい場合はウォーキングなどの有酸素運動、筋肉をつけて痩せたい方は筋トレを行うのがおすすめです。筋トレをする場合は、背中や太ももなど大きい筋肉を鍛えると代謝がアップしやすいので、リバウンド防止になります。

長期間ダイエットを心がける

ダイエット リバウンドしない

短期間で急激に体重を減らすと、リバウンドしやすくなります。体の防御反応をなるべく抑えるためには、長期間ゆっくり気長にダイエットするのがおすすめです。月に減らす体重は-5%以内にするのがベストです。

体重60kgの方の場合なら、1ヶ月で-3kg以内を目標にしましょう。体重の減り方が遅いと感じるかもしれませんが、リバウンドを繰り返せば、ダイエットにかかる時間は長くなります。

長期間、焦らずしっかりと痩せてリバウンドを防ぎましょう。

リバウンドしやすい!避けたいダイエット方法

ここで紹介するダイエット方法は、リバウンドしやすいダイエット方法です。リバウンド経験がある方は、間違ったダイエットをしていなかったか振り返ってみましょう。

短期間で体重を落とすダイエット

ダイエット リバウンドしない

短期間で急激に体重を落とすと体調を崩すリスクや、停滞期に入る時期が早くなります。また、短期間でダイエットに成功してもダイエットに適した食事や運動習慣が身に付く前にダイエット前の生活に戻りやすいです。

そのため、リバウンドしやすくなります。急激な体重減少は、体への変動が大きくリスクやデメリットが多くあるので長期的なダイエットを心がけましょう。

極端な食事制限をしているダイエット

ダイエット リバウンドしない

極端な食事制限をしていると必要な栄養を摂取しにくく、栄養不足が原因で代謝が上手くいかなかったり太りやすくなったりします。また、疲れやすくなったり調子が悪くなったり、肌荒れを引き起こしたりトラブルの原因にもつながります。

極端な食事制限は、ストレスが溜まりやすいため、暴飲暴食でリバウンドすることもあります。無理に食事制限をすることは避け、栄養バランスの整った食事を食べましょう。

まとめ

リバウンドはダイエットをしていれば、起こりやすい現象です。痩せた後、太らないように努力することが大切です。体重がなかなか落ちない停滞期に入っても諦めず、ダイエットを継続して健康的にきれいに痩せましょう。

Related Posts

  1. ダイエット ルーティーン
  2. ダイエット プランク
  3. ダイエット パン
  4. 痩身 マッサージ
  5. 脚痩せ 歩き方
  6. ダイエット コーヒー
  7. ダイエット ストレッチ
  8. ダイエット 縄跳び
  9. ダイエット リンパマッサージ
  10. ダイエット 計画
  11. ダイエット カロリー
  12. ダイエット ランチ
  13. ダイエット お菓子
  14. ダイエット ランチ
  15. ダイエット 睡眠
  16. ダイエット チョコレート
  17. ダイエット ヨーグルト
  18. ダイエット リンパマッサージ
  19. ダイエット プロテイン
  20. ダイエット ヨガ
  21. ダイエット ツボ
  22. ダイエット 短期間
  23. お腹痩せ 筋トレ
  24. ダイエット スープ
  25. ダイエット 自転車

いますぐ申し込む