コラム記事 | ダイエットにおすすめの飲み物を紹介【水分不足に注意】

ダイエットにおすすめの飲み物を紹介【水分不足に注意】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

ダイエット中は食事制限だけでなく、水分摂取にも気を配らなければなりません。なぜなら、食事量が普段と変わるため水分不足にもなりやすいのです。そこで今回は、水分摂取についてや水分補給の仕方、ダイエットに向いている飲み物と避けたい飲み物など、詳しく解説していきます!

ダイエット中の水分摂取とおすすめの飲み物

ダイエット 飲み物

ダイエット中の水分摂取に注目したことがありますか。空腹感を満たすために水をたくさん飲んだり、ストイックになりすぎて喉の渇きを極限まで我慢したりしてはいないですか。実は、ダイエット中の水分摂取ってとても大事なんです。

カロリーコントロールのための食事制限により水分量が不足しがちなのですが、しっかりと水分補給して体の循環を良くしておかないと、代謝が落ちて脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。どんな成分の飲み物を摂取するかでも期待できる効果が変わってきます。

そこで今回は、ダイエット向けの飲み物や水分不足にならない対策、水分の摂取の仕方など詳しく解説していきます。バランスよく飲んで美しく健康にダイエットしていきましょう!

ダイエット中は水分不足になりがち

ダイエット 飲み物

ダイエットのために食事制限や運動を始めることで、体内リズムが普段とは変わります。そのため、水分摂取量や排出される水分量も変わってくるので水分不足になりがちなのです。

水分不足になる要因

水分不足になる要因として大きく3つ、以下の事柄が揚げられます。参考にしてくださいね。

食事制限をするので食品からの水分摂取が減るため

ダイエット 飲み物

ダイエットを始めるとなると、多くの方が食事制限をしますよね。普段より食べる量を減らすことで、食事から摂取する水分量も減ってしまい水分不足となるケースがあります。

そのことも踏まえて、ダイエットメニューを考える時は食事に含まれる水分量も考えて献立を決めていきましょう。汗をかくような運動も加える方は、その分の水分補給のバランスも大切です。

むくみや水太り対策で水分摂取を制限する傾向があるため

ダイエット 飲み物

体のむくみや水太り対策として、水分摂取を控える方もいます。しかし、水分だけでむくみが発生するわけではありません。病気が隠れているケースもありますが、多くの場合、血流や代謝の異常がむくみを引き起こしています。

むくみは皮膚の下に余分な水分が溜まって起こりますが、むくみの原因は水分量ではなく、血液循環不良です。逆に水分補給をすることで血液やリンパの流れを促し、老廃物をスムーズに対外へ排出させてむくみが解消する場合もあります。

運動で汗となって出てしまうため

ダイエット 飲み物

ダイエット中は食事制限やエステの施術だけでなく、運動に取り組む方も多いですよね。そのため、運動で体内の水分が汗となって出てしまい、脱水状態に陥ってしまうこともあります。

汗をたくさんかいた後は水分補給が必須です。適度な水分量を摂取しましょう。また、飲み過ぎもよくありません。飲み過ぎ対策には、熱中症対策にも用いられる経口補水液など人間の体液に近い成分のドリンクがおすすめです。

ダイエット中の適切な水分の摂り方

水分不足に気をつけたいダイエット中は、飲み過ぎもよくありません。ここでは、上手な水分の摂り方を解説していきます。

朝起きぬけにまず1杯の水分摂取を

ダイエット 飲み物

朝起きたらまずコップ1杯の水を飲みましょう。水を飲むことで、腸内環境が整います。胃腸が動き出すことで、副交感神経も刺激されて自律神経のバランスが整いさわやかな朝を迎えることができるでしょう。

ダイエット継続のためにもストレスフリーな環境を整えます。ちなみに、前日にお酒を飲んでいる場合はコップ2杯の水がおすすめです。

こまめな水分摂取がおすすめ

ダイエット 飲み物

水分摂取は一気に大量の水を飲むのではなく、こまめに摂取することがおすすめです。定期的にコップ1杯の水を飲みましょう。1度に大量の水を摂取すると腎臓に負担がかかってしまいます。くれぐれも健康には気をつけてダイエットを行いましょう。

 

「炭酸水」や「バターコーヒー」を

ダイエットに取り入れるのもおすすめ

ダイエット 飲み物

炭酸水をダイエットに取り入れるのはおすすめです。水分を取ることができるだけではなく、空腹感を緩和することができるのためです。

またバターコーヒーは最近話題になっているのでダイエットに取り入れてみるのも良いかもしれません。

 

水の飲み過ぎには注意

水分不足に気をつけたいダイエット中は飲みすぎにも注意です。適切に水分を摂り健康的にダイエットしていきましょう。

飲みすぎると水中毒になることも

ダイエット 飲み物

水分を摂りすぎると腎臓に負担がかかるだけでなく、「低ナトリウム血症」を引き起こしてしまうことがあります。連日にわたり大量の水を摂取することで、血中の塩分濃度が下がり、頭痛・めまい・下痢などの症状があらわれます。

悪化すると、吐き気や疲労感、手足にしびれを起こしてしまうこともあるので注意しなくてはいけません。水は太らないからと大量に飲んでしまわないように、気をつけて自己管理を行ってくださいね。

運動で汗をかいた時は経口補水液がおすすめ

ダイエット 飲み物

運動などで汗をかいた後の水分摂取は、少ない水分量で水分補給ができる経口補水液がおすすめです。普通の水と比べて吸収が早く、熱中症や脱水症対策もできます。

しかし、経口補水液には塩分が含まれているので、日常的に飲むのには向いていません。スポーツドリンクとは電解質や糖分のバランスが違い、経口補水液はあくまで体内に素早く水分を吸収させる「飲む点滴」だと考えます。

ダイエット中におすすめの飲み物7選

ダイエット中におすすめする飲み物をご紹介します。参考にして、ぜひ好みの飲み物をみつけてくださいね。

カテキンで脂肪吸収を抑制させる「緑茶」

ダイエット 飲み物

緑茶のカテキン成分がダイエットに効果的とされています。緑茶のカテキンには脂肪吸収を抑制する働きがあります。また、緑茶にはカフェインも含まれていて、脂肪の分解を促進する作用があります。このダブル効果で、効果的に脂肪を減らす働きが期待できるでしょう。

中性脂肪を燃焼させる「ウーロン茶」

ダイエット 飲み物

ウーロン茶のウーロン茶ポリフェノールは、中性脂肪の燃焼をサポートする働きがあります。また、ウーロン茶重合ポリフェノールは、食後の中性脂肪上昇を抑制する働きがあります。

ただし、鉄分の吸収を阻害するカフェインも入っているので、カフェインの取りすぎには気をつけなくてはいけません。ウーロン茶はダイエット向きの飲み物として広く知られている飲み物です。

脂肪の蓄積を予防する「黒豆茶」

ダイエット 飲み物

黒豆茶のサポニン成分が、脂肪の蓄積を予防する働きを持っています。アントシアニンの強力な抗酸化作用でアンチエイジングも期待できるダイエットと美容効果に優れたお茶です。

また、ダイエットに欠かせないビタミンB群も豊富に含まれています。ビタミンB群は脂質の代謝を促す働きがあり、タンパク質と一緒に摂取したい栄養素でもあります。

便秘解消に有効な「ルイボスティー」

ダイエット 飲み物

ルイボスティーには、マグネシウム・カルシウム・カリウム・亜鉛・鉄などのミネラル分が豊富に含まれています。なかでもマグネシウムは、腸内で水分を集め硬くなった便を柔らかくしてくれるので、便秘解消と腸のデトックスに効果的です。

また、抗酸化物質のケルセチンが含まれていることにより、体内をはじめ、肌の新陳代謝を促し血行促進、アンチエイジング効果が期待できます。

体を温め基礎代謝を上げる「白湯」

ダイエット 飲み物

体の冷えはダイエットには大敵なので、少しぬるめの白湯を飲むのがおすすめです。白湯で体を温め、基礎代謝を上げて体脂肪の燃焼を促します。また、胃腸が温められることで腸の蠕動運動が活発になり便秘が解消されやすくなるのです。

白湯だけで飲むのに抵抗がある方は、レモンや生姜で味を足すこともおすすめです。生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、代謝アップの効果も期待できます。

ダイエット中には控えたい飲み物3種

ここでは、体重を落とすために不向きな飲み物を3種類のタイプでご紹介しています。

体を冷やす冷たい飲み物

ダイエット 飲み物

冷たい飲み物は体を冷やしてしまいます。そのため、血行が悪くなり消化機能が低下し、冷えた内臓が体を温めるために内臓脂肪をつけようとするのです。これではせっかくのダイエットが台無しですよね。

消化機能の低下により自律神経が乱れ、体のだるさや便秘の原因にもなりかねません。血行が悪くなることでダイエットには重要な基礎代謝も下がります。リンパの流れも悪くなり老廃物が溜まり、肌に悪影響が出ることも。冷たい飲み物の常飲にはくれぐれも気をつけましょう。

糖質の多いお酒

ダイエット 飲み物

糖質の多いお酒もダイエット中には避けたいですね。ビールや日本酒といった醸造酒には糖質が多く含まれているため、ダイエット中にはあまりおすすめしません。

カクテルなどのリキュール類にも糖類が多く含まれており、糖類をジュースなどの糖類で割るという糖類たっぷりの飲み物になってしまいます。飲むのなら、お酒は糖質の少ない焼酎やウイスキーなどの蒸留酒がおすすめです。

糖類が多いドリンク

ダイエット 飲み物

市販のドリンクを買うときは栄養成分をよく見て糖類・糖質をよく確認してから購入しましょう。脂肪を燃焼させるのに少しの糖質は必要ですが、摂りすぎはダイエットの大敵です。

まとめ

ダイエット中におすすめできる飲み物と水分摂取について解説しました。どのような方法で水分を上手に摂っていくと良いのか参考になりましたでしょうか。水分不足にならないように上手に水分摂取してダイエットに役立ててくださいね。

 

関連記事

Related Posts

  1. ダイエット 40代
  2. ダイエット ランチ
  3. お腹引き締め
  4. お腹痩せ 筋トレ
  5. ダイエット お酒
  6. ダイエット たんぱく質
  7. ダイエット リンパマッサージ
  8. ダイエット サラダ
  9. ダイエット カロリー
  10. ダイエット モチベーション
  11. ダイエット 外食
  12. ダイエット 空腹
  13. ダイエット 停滞期

いますぐ申し込む