コラム記事 | ダイエット失敗は睡眠不足が原因?痩せやすくなる睡眠のとり方6つ

ダイエット失敗は睡眠不足が原因?痩せやすくなる睡眠のとり方6つ

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

ダイエットの成功には、睡眠も大切なポイントです。良質な睡眠は日中のパフォーマンス向上にもつながります。今回は、ダイエットと睡眠の関係性、痩せるためになぜ睡眠が大切なのかなど詳しく解説します。痩せたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダイエット成功のためには良質な睡眠もポイント!

ダイエット 睡眠

ダイエットといえば食事制限や運動ですよね。しかし、実は睡眠もダイエット成功のためには必要なポイントなんです。ダイエットを成功させたいなら、睡眠時間を十分に取り、良質な睡眠をとることが重要になります。

また、睡眠時間を確保することで日中のパフォーマンス向上にもつながるメリットもあります。そこで今回は、ダイエットの成功になぜ睡眠が重要なのか、ダイエットにどのような効果があるのかを詳しく解説します。

ダイエットに挑戦している方は、ぜひ参考にして良質な睡眠をとるようにしましょう。

ダイエットに睡眠はどう関係しているの?

ダイエット 睡眠

就寝中は美容や健康に大きく関わっている「成長ホルモン」が分泌されています。この成長ホルモンには脂肪を分解する働きや筋肉を発達させる働きがあります。

成長ホルモンと聞くと子供の成長のために必要とされるホルモンと思われがちですが、大人になっても成長ホルモンは分泌されます。

成長ホルモンの他に食欲を抑える「レプチン」というホルモンも分泌されているので、寝不足になるとレプチンの分泌量が減少します。減少すると、食欲が増え安くなり太りやすい体質になりやすくなります。なので、十分な睡眠時間を確保してホルモンを分泌させましょう。

ダイエットを成功させる睡眠のとり方をご紹介!

ダイエットを成功させるために、良質な睡眠をとりましょう。ここでは、良質な睡眠のとり方をご紹介します。

7時間は睡眠時間を確保する

ダイエット 睡眠

人によって必要な睡眠時間は違います。ですが、睡眠時間が短かったり長かったりすると、生活習慣病や精神疾患のリスクが高まります。

痩せやすい体質になるには、成長ホルモンの分泌が欠かせません。個人差があるもののおよそ7時間の睡眠時間を確保しておくといいでしょう。

就寝前にブルーライトを見ないようにする

ダイエット 睡眠

ブルーライトとはスマホやタブレット画面の光のことです。スマホなどを見ていると眠れなくなる経験をしたことはありませんか?ブルーライトには、自然な眠りを促す「メラトニン」という成分の分泌を妨げる効果があります。

そのため、就寝前にスマホやタブレットを見ていると寝付けられなくなるというわけです。また、睡眠の質を低下させるリスクや体調などに悪影響する可能性、朝スムーズに起きられないなどのデメリットもあります。

規則正しい生活リズムを身につけるためにも、就寝前はスマホなど見ないように心がけましょう。

寝る前にカフェインやアルコールを飲まない

ダイエット 睡眠

就寝前にコーヒーなどカフェインが含まれている飲料を飲むと、寝つきが悪くなります。カフェインには覚醒作用があるので、就寝前に飲まないようにしましょう。コーヒーの他に緑茶やコーラにも含まれています。

また、お酒は飲めばよく眠れると考えて嗜む方もいます。確かにお酒で眠りやすくなりますが、浅い睡眠なので途中で起きたりするため良質な睡眠からほど遠いです。

就寝前にコーヒーなどカフェインを含む飲料やお酒を飲まないように心がけましょう。

寝る前に体を温めておくといい

ダイエット 睡眠

体が冷えていると寝る前の体温調節がうまいこと働きません。体温調節が上手くいかないと寝つきが悪くなる原因につながります。なので、寝る前は下記の方法で体を温めておくといいでしょう。

  • マッサージやストレッチ
  • ウォーキングなど軽い運動
  • 38~40度のお風呂に浸かる
  • 紅茶やほうじ茶など温かい飲み物を飲む

起床後に朝日を浴びるといい

ダイエット 睡眠

朝起きたら、すぐに朝日を浴びて体内時計をリセットさせることを習慣づけましょう。朝に朝日を浴びることで睡眠の質を高められます。もし夜遅くまで起きていても、朝はいつもと同じ時間に置き朝日を浴びられるように心がけましょう。

朝ごはんをしっかりと食べる

ダイエット 睡眠

メラトニンの分泌を増やすためには、しっかりと朝ごはんを食べることが大切です。栄養バランスのいい朝ごはんを食べることで、夜にメラトニンが生成されやすくなり、自然と眠りにつけれます。

深い眠りにつくためにもメラトニンの元になる「トリプトファン」「ビタミンB6」を積極に摂取しましょう。トリプトファンは大豆製品や乳製品、ナッツ類などに多く含まれています。ビタミンB6は魚類に多く含まれています。

睡眠には他にどんな効果があるのか知ろう!

睡眠はダイエット効果だけではなく、さまざまな効果に期待ができます。良質な睡眠をとることによって得られる効果について知っておきましょう。

肌のターンオーバーを正常化してくれる

ダイエット 睡眠

就寝中に分泌される「成長ホルモン」には肌のターンオーバーを活性化させる働きを持っています。古い角質や汚れを落として新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーを良質な睡眠をとることで正常化してくれます。

肌のターンオーバーには周期があります。約6週間かけて細胞が入れ替わり、美肌をキープしてくれます。しかし、睡眠不足でターンオーバーの周期が遅くなると肌荒れを起こす原因になります。

心身の疲労回復に効果的

ダイエット 睡眠

睡眠は心身の疲労回復にも効果的です。睡眠不足になると体だけではなく精神的な疲れが溜まりやすくなるので、仕事や家事で忙しくても睡眠時間を削ってしまわないようにしましょう。

睡眠で大切なのは、深い睡眠である「ノンレム睡眠」をとることです。深い眠りによって、しっかりと成長ホルモンが分泌され、体内の修復や回復が促進されます。自律神経を整えるためにも深い眠りで、心身ともに休みましょう。

記憶の整理と定着に効果的

ダイエット 睡眠

寝る前に勉強すれば、睡眠中に定着しやすいと聞いたことはありませんか?就寝する前に学習した内容は、睡眠中に定着しやすい研究結果があります。

また、イヤなことも寝たら忘れるという現象も睡眠による効果です。就寝中に記憶が整理されることで、イヤな感情が必要に応じて取り除かれるからです。

ストレスを解消できる

ダイエット 睡眠

人は睡眠によって1日の心身ともに疲れを癒します。しかし、睡眠時間が十分でなかったり、質が悪いと成長ホルモンが分泌されにくくなるのdふぇ、ストレスが溜まりやすくなります。

休日によく寝て、平日は寝るのが遅いという方もいますが、毎日適切な睡眠時間を釣ることが重要です。ストレスを溜めないためにも規則正しい生活リズムを身につけましょう。

まとめ

良質な睡眠をとることはダイエットに大きく影響します。しかし、それだけではダイエットを成功させるのは難しいので、食事や運動なども継続的に続けていきましょう。この記事を見て、睡眠の質が悪いと思った方はぜひ良質な睡眠が取れるように生活習慣を見直してみてくださいね。

Related Posts

  1. ダイエット ルーティーン
  2. 痩身 マッサージ
  3. ダイエット 食事
  4. ダイエット ランチ
  5. ダイエット 有酸素運動
  6. ダイエット 筋トレ
  7. ダイエット 縄跳び
  8. ダイエット リンパマッサージ
  9. ダイエット 空腹
  10. ダイエット 計画
  11. ダイエット ランチ
  12. ダイエット 外食
  13. ダイエット 空腹
  14. ダイエット 夜食
  15. ダイエット リバウンドしない
  16. ダイエット リンパマッサージ
  17. 下半身痩せ
  18. ダイエット ヨガ
  19. 太もも痩せ マッサージ
  20. 美尻
  21. ダイエット 短期間
  22. 脚痩せ 筋肉太り
  23. お腹痩せ 筋トレ
  24. 脚痩せ 歩き方
  25. ダイエット 自転車

いますぐ申し込む