コラム記事 | ダイエットにおすすめの朝ご飯とは?【コンビニ飯も紹介】

ダイエットにおすすめの朝ご飯とは?【コンビニ飯も紹介】

ダイエットには朝ごはんが重要だと知っていますか。1日のスタートとなる最初の食事が体づくりやダイエットに有効なのです。今回は、朝ごはんの大切さについてや、朝ごはんにおすすめの栄養素などご紹介します。

ダイエットには朝ごはんが重要!

ダイエット 朝ごはん

ダイエットの肝とも言える食事制限ですが、実は、朝昼晩の食事の中でもとくに重要なのが朝ごはんなのです!朝1番の食事はいろんな役割を担っており、ダイエットにも健康にも大切な1食となります。もちろん、朝だからといってなんでも食べていいわけではありません。

栄養のバランスを考え、朝だからこそ摂っておきたい栄養素をピックアップして食べ方にも工夫する必要があります。寝起きは食欲がなかったり、忙しい朝の時間帯にきっちり食事を摂るのは大変ですが、1日のスタートとなる大事な食事なのでしっかり摂っていきましょう。

今回は、朝ごはんの重要性と朝ごはんにおすすめする栄養素などダイエット中の朝ごはんについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ダイエットに朝ごはんが重要な理由

ダイエット 朝ごはん

朝ごはんは体が1日の活動を始める大切な食事です。人は睡眠中にもエネルギー消費をしているので、朝起きた時点で体は体力を消耗している状態です。健康的にダイエットをしていくならエネルギーを摂取しなくてはなりません。もし、朝ごはんを抜いて長時間空腹でいると脂肪の吸収も良くなってしまいます。

太りにくい体づくりのためにも、朝、食事をして体を目覚めさせることは大切です。代謝を活発にして健康的に筋肉を増やし、脂肪を燃焼させることがダイエットにおいて重要であり、健康維持や若々しさを保つ秘訣とも言えます。

体内時計をリセットするという意味でも朝ごはんはしっかり食べましょう。基礎代謝を上げ、脳が活発に働くよう体を目覚めさることは、ダイエットだけでなく健康面においても非常に重要なことなのです。

朝ごはんを摂ることで得られるメリット3選

忙しい朝の時間帯ですが、上手にダイエットしていく上で朝ごはんは重要です。ここでは、朝ごはんをきちんと摂ることで得られるメリットを紹介します。

必要な栄養素を摂ることで1日のスタートが快適に

ダイエット 朝ごはん

体は睡眠中にもエネルギーや栄養素を消費しています。寝ている間に消費したエネルギーを摂取することが大切です。朝ごはんを食べると基礎代謝が上がるため、脂肪燃焼もしやすくなります。なにより栄養を摂取することで脳が活発に動き出し、眠気やだるさを軽減してくれるでしょう。

 

体が目を覚ますことで体内時計をリセット

ダイエット 朝ごはん

人間の体内時計は25時間周期なのをご存知ですか。地球の周期とは約1時間のずれがあり、これを毎日リセットする必要があります。体内時計をリセットするためには、太陽を浴びるだけでなくしっかりと朝ごはんを食べて体が目を覚ますことも重要です。

体内時計の周期が整うと代謝も活発になってくるので、自然と体の循環もよくなり気持ちの良い1日をスタートさせることができるでしょう。

 

内臓運動が始まることで便通をよくする

ダイエット 朝ごはん

朝ごはんは、朝起きてすぐコップ1杯の水を飲んだ後、お腹が鳴ってから食べるのが理想的です。朝ごはんを食べると体は目覚め、内臓は消化活動のための内臓運動を始めます。そのため、1番便意が起こりやすい時間帯でもあるのです。

朝は、腸の活動を促すためにも朝ごはんには食物繊維の多い食材や、ビフィズス菌を含む食品や発酵食品などを取り入れることをおすすめします。便秘を予防する効果も期待でき、腸内環境を整える働きをしてくれるでしょう。

朝食におすすめの栄養素

痩せやすい健康な体作りを目指して、食品に含まれる栄養素の種類について詳しく知りたいところですよね。三大栄養素をバランスよく摂って健康美を目指しましょう。

三大栄養素のひとつ炭水化物

ダイエット 朝ごはん

炭水化物は三大栄養素のひとつである糖類に分類される栄養素です。代表的なもので、米・小麦・イモ類があります。炭水化物を摂取することで血糖値や体温が上がり、体が活動をし始めます。

体内時計をリセットするにはインスリンの分泌が有効。インスリンが出やすいGI値の高いご飯やパン、うどんがおすすめです。

 

脂質の摂りすぎに注意

ダイエット 朝ごはん

脂質は摂りすぎに注意しなくてはいけませんが、摂らないのもよくないのが脂質です。異なる性質を持つ動物性・魚類性・植物性の脂質をバランスよく摂取して健康的にダイエットに取り組みましょう。

植物油や魚油に含まれている不飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがあります。一方、動物性の脂肪には飽和脂肪酸が多く、中性脂肪やコレステロールを増加させる働きがあるので注意が必要です。

 

ダイエットの基本・高タンパクで低カロリーのためのタンパク質

ダイエット 朝ごはん

ダイエットの基本とも言える栄養素のタンパク質。朝ごはんで体内時計をリセットするなら炭水化物とタンパク質の組み合わせがおすすめです。

タンパク質を含む食材は、肉類・魚類・卵類・乳製品・豆類があります。ご飯と目玉焼きやパンとヨーグルトなど、思い思いの組み合わせを楽しんでみてくださいね。

ダイエット用朝食の基本

朝ごはんの栄養バランスがダイエット成功への鍵を握ります。しかし、毎回メニューを考えるのは大変ですよね。ここではダイエット用朝ごはんの基本的な栄養バランスの考え方などご紹介しています。

おすすめは和食

ダイエット 朝ごはん

日本の誇る和食は、やはり健康面から考えても栄養バランスに長けています。ご飯・味噌汁・納豆・卵

・魚・漬物の組み合わせの日本の定番朝ごはんは、栄養バランス面から見てもダイエットにも理想的なメニューと言えるでしょう。

気をつける点は味付けのみ。味噌が濃くなりすぎないようにということと、魚の塩分量に気をつけましょう。もちろん、ダイエット中ならおかわりも控えましょうね。魚でなく肉を食べるなら、ささみなどの低タンパク高カロリーの食材がおすすめです。

 

パン派なら洋食でも可

ダイエット 朝ごはん

パン派の方は、なるべく満腹感を感じられるパンを選ぶと良いでしょう。洋食の朝ごはんの代表は、パン(天然酵母や全粒粉のものもおすすめ)・牛乳・ツナサラダ・卵・デザート(バナナ、りんご等)といった組み合わせです。バゲットのようなハード系パンだとアゴをしっかり使って咀嚼するため、満腹感を感じやすくなります。

注意する点は、パンに塗るバターやジャムの量だったり、ベーコンやハムを使った調理パンです。これらは保存料やうま味調味料などいろんな成分を含んでいます。そのため、摂取量には十分配慮していただかなくてはいけません。

 

コンビニ飯でも栄養バランスを考える

ダイエット 朝ごはん

忙しい毎日の中で、朝ごはんがコンビニになってしまうこともありますよね。そんな時でも栄養バランスはしっかり考えて食品を選ぶ事で肥満防止に繋がります。ダイエット中はなるべくパンよりも腹持ちの良いおにぎりがおすすめです。タンパク質であるサラダチキンやチーズ、魚肉ソーセージなどをプラスすれば立派なダイエット用朝ごはんになります。

時間のない方はプロテインバーを選んでもいいかもしれません。忙しい朝でも栄養バランスのとれた食品をさっと摂取できます。パッケージの栄養成分表をチェックして、タンパク質と炭水化物を中心に、脂質を摂りすぎないようにしましょう。

 

まとめ

ダイエット中の朝ごはんの重要性について紹介しました。ご理解いただけましたでしょうか。1日の活動の始まりには、健康的な朝ごはんでエネルギーを補給してくださいね。朝ごはんの摂り方で1日の活動量やよりよい消費量が決まるといっても過言ではありません。健康的な体づくりはダイエットへの近道でもあります。

 

24時間いつでも行けるセルフエステ 「24エステ」をチェック!

「24エステ」はcrooz株式会社が運営する、エステ業界初の24時間通えるセルフエステです。時間制限・回数制限がなく好きなタイミングでいつでも、何回でも行くことができます!予約も不要なので仕事が忙しい方でも最適です。

ファッションサイト「SHOPLIST.com」でご利用できる10,000ptを入会者全員にプレゼントなど、お得な特典が満載です。まずは無料体験会から始めてみてください。

関連記事

[Custom Related Posts]

いますぐ申し込む