コラム記事 | 顔だけ太る原因は?顔やせに効くマッサージ・筋トレを紹介!

顔だけ太る原因は?顔やせに効くマッサージ・筋トレを紹介!

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

ダイエットで減量に成功したけれど、顔がなかなか痩せずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。マスクをしている今だからこそ、顔痩せして理想とのギャップを減らしたいですよね。そこで今回は、顔痩せに効果的なマッサージや筋トレをご紹介します。思うように顔が痩せず、悩んでいる方はぜひご覧ください。

マッサージや筋トレで顔痩せできる?

顔痩せ

身体の中でも痩せづらいイメージがある顔ですが、その原因は様々です。脂肪が多く蓄えられてしまうことはもちろん、むくみや顔の歪み・表情筋の衰えなど、顔が痩せない理由はたくさん考えられます。

しかし、ご自身の生活を見直して原因を見つれば、顔痩せの筋トレやマッサージを行うことですっきりした顔に近づくことができます。ダイエットと組み合わせて行うことで、さらに効果の高まりが期待できます。

そこで今回は、顔が痩せない原因や対処法・顔痩せをさらに効果的にできる方法などをご紹介します。顔痩せで悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

顔がなかなか痩せない原因は?

顔が思うように痩せない原因は、主に3つあります。ご自身の生活を振り返り、当てはまるものがないか確認してみましょう。

顔がむくんでいる

顔痩せ

脚や腕がむくみやすい方は、顔もむくみやす場合が多いです。顔がむくむとフェイスラインがぼやけるだけでなく、実際の顔の大きさより大きく見えてしまいます。

筋肉が不足してたるんでいる

顔痩せ

顔にもたくさんの筋肉がありますが、特に表情筋が衰えていると顔がなかなか痩せません。顔の筋肉が衰えると皮膚を支えられなくなってしまい、頬の肉がたるんで太く見えたり、しわの原因になったりします。

筋肉が凝り固まっている

顔痩せ

普段歯を食いしばる癖がある方・就寝中の歯軋りが多い方に多い原因です。顔の中でとくに大きい顎周りの筋肉が凝り固まっていると、顔の歪みにつながり太りやすくなってしまいます。

顔が歪むことで、血行不良やむくみが発生して脂肪が付きやすくなります。顔の歪みは姿勢の悪さや胃腸の調子も関わってきますので、顔だけでなく身体全体を気遣うことが大切です。

顔痩せにおすすめの方法とは?

顔痩せに効果が期待できる方法をご紹介します。筋トレ・マッサージをそれぞれ詳しくご紹介しますので、すきま時間や就寝前にぜひ行ってみてください。

顔まわりの筋肉を鍛える筋トレ

まずは顔まわりの筋肉を鍛えて、土台を作りましょう。

舌を回すトレーニング

顔痩せ

顔痩せはもちろん、虫歯予防や身体の調子を整える効果があるといわれるトレーニングです

  1. 背水を伸ばして座り、右手を左肩に・左手を右肩に置きます。
  2. 口を閉じて、歯と唇の間に舌を入れます。
  3. ゆっくり歯列をなぞるように舌を回します。猫背になったり首が曲がらないようにしましょう。
  4. 左右それぞれ20回ずつ行います。

気軽にできるトレーニングですので、1日1〜3回行うことをおすすめします

ムンクの顔で筋トレ

顔痩せ

絵画ムンクの顔真似をするように、目周りを大きく動かして顔を引き締めるトレーニングです。目元のたるみ改善や、顎周りの筋肉をほぐす効果が期待できます。

  1. 顔を出来る限り縦に伸ばし、頬と鼻の下を伸ばします。口は縦長に「オー」と言う形にしましょう。10秒キープします。
  2. 1の状態のまま、下まぶただけを持ち上げましょう。目元の筋肉が鍛えられます。同じく10秒キープします。

2〜4回ほど繰り替えし行いましょう。口を横に開くとほうれい線ができてしまいますので、縦に開けることがポイントです。寝る前はもちろん、朝起きたときに行うことで、表情筋が動きやすくなる効果も期待できます。

顔をほぐすマッサージ

筋トレと並行して顔をほぐすマッサージも行いましょう。顔まわりの筋肉や脂肪をほぐすことで、血流やリンパの流れが良くなり、顔痩せしやすくなる効果が期待できます。

あご周りの筋肉をほぐすマッサージ

顔痩せ

エラや二重あごにも効果が期待できるマッサージです。お風呂上がりに保湿をしっかり行った状態で行いましょう。

  1. 背筋を伸ばして座り、首をまっすぐ正しましょう。
  2. あご下中央部分にあるへこんだ部分を、人差し指の第二関節で押します。
  3. 指が痛くならない程度に力を込めながら、顔の右側に向かって押しましょう。
  4. 左に向かって同じように押し込みます。
  5. リンパを流すために、フェイスラインから耳裏の付け根まで優しくマッサージします。
  6. 人差し指の第二関節で耳裏から鎖骨までを優しく押し、リンパを流しきります。

耳を回してリンパの流れをよくするマッサージ

顔痩せ

耳を回すことで、むくみが解消されフェイスラインがすっきりするだけでなく、目の疲労回復や頭痛改善の効果が期待できます。短時間で行えるマッサージですので、1日のすきま時間を浸かってむくみを減らしていきましょう。

  1. 最初に肩甲骨や鎖骨まわりをほぐし、リンパが流れやすい状態を作ります。左手で鎖骨を優しく包むように、3往復撫でます。
  2. 右手の甲を腰に当てて、肩甲骨を中心に寄せるイメージで肘を動かしましょう。
  3. 肩甲骨まわりが緩んだことを感じたら、顔を軽く斜め上に上げて両耳の耳たぶの付け根を摘みます。
  4. 弱めの力で前に向かってくるくる回します。10秒間ゆっくり行いましょう。
  5. 耳たぶ裏にある凹んだ部分をそれぞれ優しく押します。
  6. 人差し指の第二関節で、耳裏から鎖骨にかけてリンパを流しましょう。

朝はもちろん、湯船に浸かって血行が良い状態で行うとさらに効果が期待できます。

顔痩せをより効果的に行うためには

せっかく顔痩せの筋トレやマッサージを行うなら、さらに効果が高まった方が嬉しいですよね。ポイントを意識することで顔痩せしやすい体質に近いていきますので、以下のことを注意して過ごしてみてください。

普段から表情筋を意識する

顔痩せ

普段デスクワークで人と話すことが少ない方・「表情が硬い」と言われたことがある方は、表情筋を使うことを意識しましょう。表情筋が凝り固まってしまうと顔が暗く見えるだけでなく、血行不良で痩せにくくなります。

表情筋を使う1番の表情は笑うことです。毎日勉学や仕事・育児など大変なことが多いですが、ストレスフリーな生活を心がけましょう。適度なストレス発散で思いきり笑うことが大切です。

塩分やアルコールの摂りすぎに注意する

顔痩せ

塩分を摂り過ぎると、体内の塩分濃度を薄めようと水分を多く取り込んでしまい、むくみの原因になります。とくにアルコールは味が濃いものを食べたくなってしまいますので、過度な飲酒は注意が必要です。

あご周りの力を抜く意識をする

顔痩せ

気が付くと歯を食いしばっていたり、顎周りに力が入ってしまう方は、あご周りの力を抜くことが大切です。歯を食いしばる癖があるとあご周りの筋肉が緊張しすぎてしまい、顔が歪んで痩せづらくなってしまいます。

ついあごに力が入ってしまう方は、寝る前に仰向けに寝転んで全身の力を抜き、顔の力もできるだけ抜いてあご周りをゆるめてあげましょう。次第にあごの筋肉の緊張感がほぐれていきます。

正しい姿勢を心がける

顔痩せ

姿勢が悪く骨盤が歪んでいると、顔の歪みも併発して痩せづらくなってしまいます。効率的な顔痩せを行うには、普段から正しい姿勢でいることも重要です。

まとめ

顔がなかなか痩せない原因や、顔痩せに効果が期待できる筋トレなどをご紹介してきました。顔痩せの筋トレやマッサージはすき間時間を使ってできるものばかりですので、コツコツ行って理想のフェイスラインを手に入れましょう。

Related Posts

  1. ダイエット 1ヶ月
  2. 脚痩せ 歩き方
  3. ダイエット コーヒー
  4. ダイエット アイス
  5. ダイエット お菓子
  6. ダイエット ヨガ
  7. 脚痩せ マッサージ
  8. 太もも痩せ マッサージ
  9. 美尻
  10. お腹痩せ
  11. ダイエット スープ

いますぐ申し込む