コラム記事 | ファスティングダイエットとは?【効果や方法を詳しく紹介】

ファスティングダイエットとは?【効果や方法を詳しく紹介】

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

ファスティングダイエットという言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。最近話題になっているダイエット方法で、食事しない期間を作ることで身体の内側から痩せるダイエットです。今回はそんなファスティングダイエットの効果や方法を詳しく解説します。ぜひ最後までご覧ください。

ファスティングとは?

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットとは、数時間〜数日間食事を摂らない期間を設けて体内からダイエットする方法です。簡単にいうと断食のようなものです。

実は、ファスティングダイエットは様々なメリットが得られるダイエットなんです。正しい方法でファスティングを行うことで、確実なダイエット効果を得られるとして注目を集めています。

そこで今回はファスティングダイエットの効果や具体的な方法について詳しく解説します。これからファスティングにチャレンジしようと考えている方はぜひご覧ください。

ファスティングダイエットの効果

ファスティングダイエットの効果は主に4つあります。効果を把握しておくことでご自身の目標設定もしやすくなり、ダイエットの計画が具体的になりますよ。

体内環境がリセットされる

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットを行うと一定期間体内に食べ物が入らない状態になります。毎日3食分の食べ物を消化したり排出したりしていた胃腸の負担が減りますので、体内環境が一気に落ち着きます。

体内環境が整うことで便秘解消にもつながり、体内の調子が整っていきます。肌の調子を整える効果もあります。

また、ファスティングダイエットは過食した次の日にも効果的です。過度な食事で疲れ切った胃腸を整えることで、余計な脂肪を蓄える働きを抑えたり、老廃物の排出を促したりする効果も期待できます。

基礎代謝が上がる

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットを行うと食べ物を食べなくなるため、体内の糖質が不足します。すると身体は体内にある脂肪を分解してエネルギー源のブドウ糖を作り始め、基礎代謝が上がるんです。

ファスティングダイエットが人気になった理由の1つに、運動せずに基礎代謝が上がる効果が挙げられます。食事を我慢するだけで脂肪が燃焼されますので、ズボラな方や今までダイエットで失敗が多かった方にもおすすめです。

内臓が休まることで免疫力が高まる

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットで内臓を休めることで、白血球が活発になり免疫力が増加する効果も期待できます。風邪や流行病はもちろん、癌などにも効果があると言われています。

その後の食事が楽しくなる

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットで一定期間食事を摂らないと、味覚がリセットされます。ファスティング後徐々に元の食事に戻していき今まで通りの食事を食べたとき、あまりの美味しさに感動するはずです。

毎日何気なく食べている食事ですが、ファスティングを定期的に行うことで食事をさらに楽しむきっかけにもつながります。ダイエット後の食事を考えることでモチベーション維持にもつながります。

ファスティングダイエットのデメリット

ファスティングダイエットにはデメリットもあります。断食とほぼ同じ方法のダイエットですので、少なからず身体に負担はかかります。ファスティングダイエットを行う前にデメリットを必ず確認しましょう。

ストレスを感じやすい

ダイエット ファスティング

普段食事量が多い方や間食することが多い方は、ファスティングでストレスを感じてしまうかもしれません。長時間何も食べずに生活しますので、空腹に耐えられずにイライラしてしまうこともあります。

まれに基礎代謝が落ちることがある

ダイエット ファスティング

ファスティングを行うとその間何も食べないため、ブドウ糖を作るために脂肪を分解し始めます。このとき筋肉も同時に分解してしまうことがあります。

筋肉を分解して減らしてしまうと基礎代謝が低下し、痩せにくい身体になってしまうケースも。また、ファスティングを短期間でたくさん行うと身体が栄養を摂らない状態を覚えてしまい、栄養の変わりに筋肉を壊してしまう可能性があります。

ファスティングダイエットの方法とは?

ファスティングダイエットのおすすめ方法をご紹介します。ファスティングダイエットは正しい方法で行い、なるべく身体への負荷を減らして行うことが大切です。

ファスティングダイエットを行う前から準備が必要

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットを行う際は、3〜4日前からの準備が欠かせません。食事量が少ない期間を設けないとファスティング中に身体が飢餓状態と勘違いしてしまい、脂肪を蓄えてしまうことがあります。

ファスティングを始める3〜4日前から徐々に食事量を減らしたり、食事する時間を決めて何も食べない時間を作ることが大切です。いきなり何も食べなくなるとリバウンドしてしまいますので気をつけましょう。

ファスティングを始める

いよいよファスティングダイエットを開始します。ファスティングダイエットでストレスや不安を感じやすい方もいますので、ご自身の調子に合わせて断食期間を調節しましょう。

初めての方や心配な方は1日だけ行う

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットを今までしたことがない方や不安がある方は、1日だけのダイエットを行ってみましょう。個人差はありますが、1日のファスティングダイエットでも効果を感じられる方が多いです。無理のない範囲で続けましょう。

理想の期間は1〜3日程度

ダイエット ファスティング

ファスティングを行う理想の機関は1〜3日程度です。完全に内臓が休まり、体内がリセットされるのを実感できるはずです。

ファスティング中に摂っても良いものは?

ダイエット ファスティング

ファスティング中は固形物を食べないようにします。代わりに1日2L程度の水を飲むようにしましょう。老廃物が排出されるようになります。

また、どうしても空腹を満たしたい場合はスムージーがおすすめです。野菜スムージーやイチゴのスムージーなら糖質が少なくダイエットへの影響が少ないです。

時間をかけて復食していく

ダイエット ファスティング

ファスティングが終わったら、準備期間と同様に復食期間を設けましょう。いきなり今までの食事に戻ると栄養を吸収しすぎてリバウンドしてしまいます。空腹具合がすごく辛い期間かと思いますががんばりましょう。

腹食中のおすすめの食材はキノコ類や魚類です。脂質が少なく栄養価が高いものを食べることで、ダイエット効果を減らすことなく空腹感を埋められるはずです。

ファスティングダイエット中に気を付けること

ダイエット ファスティング

ファスティングダイエットをさらに効果的にするには、適度な運動やストレッチなども重要です。断食による糖質不足で脂肪からブドウ糖を作る働きが起きていますので、合わせて運動を行うことでさらに脂肪燃焼が期待できます。

まず筋トレで筋肉に刺激を与えたあと、ジョギングなどの有酸素運動を行います。基礎代謝が上がり脂肪燃焼が活発になり、さらに痩せる効果が期待できます。運動の前後はストレッチを欠かさず行いましょう。

また、断食中でものを食べられないストレスを感じる方はヨガがおすすめです。呼吸を意識して酸素を身体中に届けたり神経を整えるポーズを行うことで、神経バランスが整いストレスを感じにくくなる効果が期待できます。

まとめ

ファスティングダイエットについて効果やデメリット・方法などを詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか。ファスティングダイエットはデメリットもありますが、正しい方法できちんと行うことでその効果をより感じられるダイエットです。痩せることはもちろん身体に良い効果も多いダイエット方法ですので、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

Related Posts

  1. ダイエット 16時間
  2. ダイエット ケトジェニック
  3. ダイエット さつまいも
  4. ふくらはぎ痩せ
  5. ダイエット ダンス
  6. ダイエット トランポリン
  7. ダイエット バターコーヒー
  8. 二の腕痩せ
  9. 顔 毛穴 ケア

いますぐ申し込む