コラム記事 | ふくらはぎ痩せに効果的な筋トレとマッサージ方法|なかなか痩せない原因も解説

ふくらはぎ痩せに効果的な筋トレとマッサージ方法|なかなか痩せない原因も解説

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

「ダイエットに成功したのにふくらはぎだけ痩せない」「ふくらはぎ痩せの方法がわからない」と悩む方も多いのではないでしょうか。ふくらはぎがすらっとするとスキニーやスカートを履くのも楽しくなりますよね。そこで今回はふくらはぎがなかなか痩せない原因や対策方法をご紹介します。ぜひご覧ください。

なかなか痩せないふくらはぎ!痩せる方法とは

ふくらはぎ痩せ

すらっとした綺麗な足を手に入れるために、ふくらはぎ痩せに力を入れている方も多いのではないでしょうか。ダイエットが成功してもふくらはぎがなかなか痩せず、悩んでいる方も多いかと思います。

実は、ふくらはぎがなかなか痩せない理由はいくつかあるんです。単純に体重を落としてもふくらはぎはなかなか痩せません。ご自身の原因に合った対策でふくらはぎの脂肪を落としていくことが大切です。

そこで今回は、ふくらはぎがなかなか痩せない原因やおすすめの筋トレマッサージについて詳しく解説します。ふくらはぎ痩せで悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

ふくらはぎが痩せない原因は?

ふくらはぎが痩せない原因はいくつかあります。それぞれ詳しく原因を解説しますので、ご自身のふくらはぎの状態や日常生活を振り返って比較しながらご覧ください。

運動不足

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎにはヒラメ筋と言われる大きな筋肉があります。毎日家で過ごす時間が多かったり、デスクワークで座ったまま過ごすことが多かったりするとヒラメ筋が鍛えられず脂肪が蓄積してしまいます。

この原因にあてはまる場合は筋トレをすることでふくらはぎが痩せる可能性が高いです

血行不良による冷え

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎの脂肪が増えすぎたり毎日同じ姿勢で過ごす時間が長かったりすると、血行不良になりふくらはぎが冷えやすくなります。ふくらはぎが冷えると基礎代謝が下がり、脂肪燃焼しづらくなってなかなか痩せられません

むくみが取れない

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎは身体の下部分にあるため、立ったままで過ごすことが多い方はもちろん、座ったままや長時間歩いただけでも簡単に浮腫んでしまいます。

むくみの原因は余分な水分が毛細血管から出て蓄積されることにあります。余計な水分や老廃物が排出されやすくなるカリウムを多く摂取したり、着圧ストッキングでその日のうちにむくみをとるようにしましょう。

ふくらはぎ痩せの方法は?

ふくらはぎ痩せの効果が期待できるお勧め方法をいくつかご紹介します。筋トレはもちろん、マッサージやストレッチを合わせて行うことで一気に効果が現れやすくなります。どれも隙間時間でできるものばかりですので、ぜひチャレンジしてみてください。

まずは普段の歩き方を変えてみよう

ふくらはぎ痩せ

綺麗なふくらはぎを手に入れるためには、綺麗な歩き方から始めましょう。歩き方が変わるだけで痩せやすい足に変化していきます。

  1. 背筋を真っ直ぐし、胸はやや開くように・目線は斜め上を見るよう意識しましょう。
  2. 足を出すとき、膝や足首から動かすのではなく足の付け根から動かすイメージでしっかり足を前に出します。
  3. 前に出した足の着地する順番が大切です。かかと→足の裏外側→足裏全体→親指の付け根の順番を意識します。
  4. 足裏をしっかり使って歩くことで足全体が動かされます。

足全体を意識して歩くことで、筋肉が正しく使われ痩せやすい足になる効果が期待できます。

ふくらはぎ痩せに効果が期待できる筋トレをしよう

ふくらはぎ痩せの効果が期待できる筋トレをご紹介します。隙間時間や寝る前にコツコツ続けることで次第に効果を感じられるはずです。ぜひチャレンジしてみてください。

隙間時間に簡単にできるふくらはぎの筋トレ

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎの筋肉を付けることはもちろん、過度な運動やヒールで凝り固まった筋肉をほぐすのにも効果的な筋トレです。

  1. 足の付け根程度の高さで掴まれる椅子やテーブルのそばに立ちます。背筋を真っ直ぐ伸ばしましょう。
  2. 椅子やテーブルでバランスをとりながらつま先を挙げます。
  3. ゆっくりつま先を下げたら、今度はかかとを挙げます。
  4. 2〜3をゆっくち5回程度繰り返します。

この筋トレはゆっくり効果を感じながら行うことが大切です。つま先やかかとをあげるとき、腰が反ったり左右に動いたりしないよう気をつけましょう。

ながら筋トレできる足パカ

ふくらはぎ痩せ

足全体の足痩せ効果が期待できるマッサージです。寝転んだ状態でできますので、スマホをみながらでも行えます。

  1. 仰向けになり、両足を天井に向けて上げます。
  2. 背中は真っ直ぐ伸ばし、足をあげた時に反らないようにしましょう。
  3. 足を左右にゆっくり開き、限界のところで2秒ほど止めます。
  4. ゆっくり元の位置に戻します。

20〜30回を3セット行いましょう。慣れてきたらセット数を増やすのがおすすめです。足を開くときに息を吐き、元の位置に戻すときに吸うことでさらに効果が高まります。

ふくらはぎ痩せマッサージをしよう

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎはむくみやすく血行不良にもなりやすいため、定期的にマッサージしてあげることが大切です。

  1. 肌の摩擦を減らすために、ボディクリームやオイルを塗りましょう。
  2. ふくらはぎの筋肉と骨の間を剥がすようなイメージで、ゆっくり筋肉をマッサージします。
  3. 手をグーの形にし、ふくらはぎの脂肪を軽く叩いてほぐします。
  4. ふくらはぎの脂肪を絞るようなイメージで1分間絞り上げます。
  5. 最後にむくみや老廃物を全て流すイメージで、膝裏に向かってリンパを流しましょう。

それぞれの工程を30秒〜1分間行いましょう。毎日続けることでむくみにくいふくらはぎに変化していき、ふくらはぎ痩せが期待できます。

むくみ解消のツボ押しもおすすめ

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎ痩せに効果が期待できるツボがあります。お風呂上がりなどにマッサージし、毎日ツボを刺激してあげましょう。

  1. 足首〜ふくらはぎの前部分を包むようにして掴みます。肉を掴むようなイメージで、痛気持ち良い程度に掴み上げます。
  2. 膝裏から足首裏にかけて、両手親指でグッと押し続けます。
  3. 最後に足の付け根をしっかり押します。

毎日3回を目安に行いましょう。定期的にツボを押すことで、むくみや血行が改善され痩せやすい体質に変化していきます。

ふくらはぎ痩せと合わせて行うこと

ふくらはぎ痩せの筋トレやマッサージと合わせて行うことでさらに効果が高まるポイントがいくつかあります。日常生活でぜひ意識してみてください。

むくみにくい食事内容を意識する

ふくらはぎ痩せ

日々の食事で過剰に塩分を摂っていたりカリウムを含む食材が少なかったりすると、むくみやすい体質になってしまいます。塩分は体内に入ると水分を蓄える作用がありますので、濃い味や塩っけが好きな方は注意が必要です。

むくみにくい体質を作るには、カリウムを多く含むアボカドやカボチャ・さつまいもなどの食材がおすすめです。余計な水分や老廃物を排出する働きがありますので、カリウムを意識して摂取することでむくみにくくなります。

飲み物はなるべくホットを選ぼう

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎが痩せにくくなる原因の1つである冷えを解消するために、飲み物はなるべくホットか常温のものを飲みましょう。体内から身体を温めて血行不良を改善することが重要です。

身体を温める効果をさらに高めたい方は、しょうがスープや香辛料が含まれるものを摂取するのもおすすめです。身体を温めて基礎代謝を高め、痩せやすい体質に変化する手助けをしてくれます。

まとめ

ふくらはぎ痩せについて原因や対策方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ふくらはぎ痩せは原因をしっかり理解しそれに合った方法で筋トレやマッサージを行うことで、次第に効果を感じることができます。毎日コツコツマッサージなどを続けて、ストレスなくふくらはぎ痩せして綺麗なボディラインを手に入れてくださいね。

Related Posts

  1. ダイエット 16時間
  2. ダイエット ケトジェニック
  3. ダイエット さつまいも
  4. ダイエット ダンス
  5. ダイエット トランポリン
  6. ダイエット バターコーヒー
  7. ダイエット ファスティング
  8. 二の腕痩せ
  9. 顔 毛穴 ケア

いますぐ申し込む