コラム記事 | さつまいもダイエットは効果ある?健康的?方法も詳しく紹介!

さつまいもダイエットは効果ある?健康的?方法も詳しく紹介!

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

最近話題のダイエットというとさつまいもダイエットを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。さつまいもをうまく食事に取り入れることで徐々に体重が落ちていく人気のダイエット方法です。今回はそんなさつまいもダイエットの効果や方法を詳しくご紹介します。

さつまいもダイエットとは?その効果は?

ダイエット さつまいも

さつまいもダイエットとは、食事の一部にさつまいもを取り入れ・置き換えてダイエットする方法です。ダイエットに効果的なサプリやトレーニングが次々と話題になる中で、簡単かつ成功者が多いダイエットとして有名です。

実は、さつまいもに含まれる栄養素がダイエットに効果的なものばかりで、定期的に摂取することで痩せやすい身体を作ってくれるんです。サプリやジムなどよりコスパも良く、学生の方も取り組めるメリットもあります。

そこで今回は、さつまいもダイエットの効果や取り組み方法などを詳しく解説します。今までダイエットがなかなかうまくいかなかったり悩んだりしていた方・これからダイエットに取り組む方はぜひご覧ください。

さつまいもダイエットの発祥は韓国

ダイエット さつまいも

さつまいもダイエットの発祥地は韓国と言われています。韓国アイドルや女優がさつまいもダイエットをして大幅な減量に成功し、テレビなどで話題になったことで爆発的に広がりました。

韓国のアイドルや女優というと、肌も綺麗ですらっとしたスレンダーな体型のイメージが強いですよね。多くの有名人がさつまいもでダイエットを行い実際に成功しているため、その効果も確実と言われています。

しかし、韓国の有名人の中には短期でダイエットするために、過度なさつまいもダイエットをしすぎていることもあります。正しい方法とポイントを抑え、健康的に痩せましょう。

さつまいもダイエットの効果

さつまいもダイエットの効果はたくさんあります。健康的に痩せるダイエットとしておすすめですので、効果を確かめながらコツコツ行いましょう。

便秘解消で腸内環境を整える

ダイエット さつまいも

さつまいもは食物繊維が豊富ですので、毎日適量食べることで腸を刺激して便秘解消の手助けをしてくれます。腸内を刺激するだけでなく、腸内で発酵しビフィズス菌を増やし腸を整える働きもあります。

さつまいも100gに含まれる食物繊維は3〜5gと言われており、キャベツやじゃがいもなどの野菜類の中でもとくに多いです。野菜が苦手な方でも比較的食べやすい食材ですし、簡単に食物繊維を摂取できるおすすめの野菜です。

カリウムでむくみや老廃物を出しやすくしてくれる

ダイエット さつまいも

さつまいもには体内の余計な老廃物や水分を外に出す手助けをしてくれる成分、カリウムも含まれています。カリウムを適量摂ることで、むくみにくい身体に変化していきます。

身体の7割以上が水分と言われるように、むくみはなかなか改善しないダイエットの悩みです。カリウムで余計な水分を体外に排出することで、運動の効果をさらに感じられたり、疲れにくい身体に変化したりする効果も期待できます。

カリウムを含む食材は少なく、さつまいも以外の野菜だとかぼちゃやアボカドなどが挙げられます。カリウムを含む食材の中では食べやすく、アレンジも多くできる野菜としておすすめです。

美肌効果が期待できる

ダイエット さつまいも

血行促進の効果が期待できるビタミンEも含まれているさつまいもは、毎日食べ続けることで美肌効果も期待できます

肌の代謝がよくなることで、ターンオーバーの促進はもちろんシミの原因であるメラニンの蓄積を抑える効果も期待できます。

さつまいもダイエットの方法とは?

さつまいもダイエットの方法を2つご紹介します。さつまいもを食事の一部に取り入れる方法が最も健康的であり、さつまいもだけの食事を続けたり、バランスの悪い食事を行うとかえって不健康になってしまいます。

1.主食をさつまいもに置き換える

ダイエット さつまいも

毎日3食食べている主食をさつまいもに置き換える方法が、最もおすすめなさつまいもダイエットの方法です。さつまいもの糖質は野菜の中では多い方ですが、白米やパンよりは少ないです。主食を置き換えることで糖質制限もできます。

さつまいもを蒸したり電子レンジで温めたりすることで、おかずやサラダと合わせて食べやすいアレンジができます。主食でさつまいもを食べ続けることで糖質制限はもちろん、痩せやすい身体にどんどん変化していきます。

2.おやつや間食をさつまいもにする

ダイエット さつまいも

ついつい食べてしまいがちなおやつや間食をさつまいもに置き換える方法です。さつまいもは野菜の中でも甘味があり、食後のおやつとして食べやすいです。

また、間食で食べがちなスナック菓子やお菓子は糖質が多く、せっかく普段の食事で制限していても無駄になってしまうことがあります。さつまいもなら糖質が抑えられるだけでなく、豊富な栄養素で健康に導いてくれます。

さつまいもダイエットで注意すべき点

健康的に痩せられてメリットもたくさんあるさつまいダイエットですが、気をつけるべき点がいくつかあります。ポイントをご紹介しますので、さつまいもダイエットを行う場合は注意しましょう。

さつまいもは皮ごと食べよう

ダイエット さつまいも

さつまいもダイエットで大切なポイントは、さつまいもを皮ごと食べることです。さつまいもの皮には老化対策に役立つアントシアニンなどが含まれており、栄養素が多いんです。

皮ごと食べる場合は水でよく洗い、泥を落としてあげましょう。時間をかけて蒸したり石焼きいもにしたりすると、皮が柔らかくなり食べやすくなります。

肉・野菜もバランスよく食べる

ダイエット さつまいも

さつまいもダイエットを行う場合は、さつまいも以外の食事のバランスを整えることが大切です。ダイエット効果を高めてくれるたんぱく質やアミノ酸をしっかり摂りましょう。

また、ダイエット中でも適度な脂質は必要です。肌や髪の毛のハリを保つために必要ですので、肉類も忘れず食べましょう。

バターやマーガリンは付けない

ダイエット さつまいも

さつまいもを食べるとき、ついついバターやマーガリンをつけたくなる方も多いのではないでしょうか。バターやマーガリンは糖質や塩分が多く含まれており、せっかく行うダイエットの効果を下げてしまいます。

どうしてもバターやマーガリンをつけたい場合は無塩のものを選びましょう。また、体重がある程度落ちてきて停滞期に入ったときのチートデイや、1週間に1度のご褒美など、ご自身でタイミングを決めて食べるのも1つの手段です。

運動やストレッチも合わせて行おう

ダイエット さつまいも

さつまいもダイエットをさらに効果的にするためには、運動やストレッチなどを合わせて行うことが重要です。さつまいもを食べて痩せやすい身体に変化してきたときこそ、身体を動かして脂肪燃焼しましょう。

さつまいもに含まれるカリウムがむくみや余計な水分を身体から排出してくれるため、運動後の体型の変化なども感じやすいはずです。ダイエット効果を高めてモチベーションを維持しましょう。

まとめ

さつまいもダイエットの効果や具体的な方法・主なポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。さつまいもダイエットは無理なく健康的に痩せられるダイエットとしておすすめです。今までなかなかダイエットが成功しなかった方や、これからダイエットを頑張りたいと考えている方はぜひチャレンジしてみてください。

Related Posts

  1. ダイエット 16時間
  2. ダイエット ケトジェニック
  3. ふくらはぎ痩せ
  4. ダイエット ダンス
  5. ダイエット トランポリン
  6. ダイエット バターコーヒー
  7. ダイエット ファスティング
  8. 二の腕痩せ
  9. 顔 毛穴 ケア

いますぐ申し込む