コラム記事 | 16時間断食ダイエットとは|効果や方法は?食べても良いものは?

16時間断食ダイエットとは|効果や方法は?食べても良いものは?

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

「断食ダイエット」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。断食ダイエットとは、全く食事を摂らない期間を決めて胃腸の調子を整えたり脂肪を燃焼したりするものです。今回はそんな断食ダイエットの中でも16時間断食するダイエット方法をご紹介します。

16時間断食ダイエットとは?

ダイエット 16時間

16時間断食ダイエットとは、その名の通り24時間中16時間だけ断食する方法です。断食と言うと丸1〜2日ほど水だけで過ごしてストレスを溜め込んでしまうと考える方も多いと思います。

16時間の断食ダイエットなら、残り8時間は食事をとっていいためそのストレスを軽減することができます。断食ダイエットをしてみたいけど勇気が出ない方・失敗したくない方におすすめの方法です。

今回はそんな16時間断食ダイエットのメリット・デメリットや具体的な方法を解説します。断食ダイエットにチャレンジしてダイエットを成功させたいと考えている方はぜひ最後までご覧ください。

16時間断食ダイエットのメリット

16時間断食ダイエットのメリットは主に3つあります。メリットをしっかり理解しておくことで、断食することへのモチベーション維持につながります。

疲れた胃腸を休めてくれる

ダイエット 16時間

断食することで新しい食べ物が体内に入ってこない時間が生まれます。毎日3食の食事を消化していた胃腸の動きが休まり、腸内環境が整えられます。

腸内環境が整うことで便秘解消にもつながり、体内の調子が整っていきます。お腹の張りがなくなるだけでなく、肌の調子を整える効果もあります。

また、断食は過食した次の日にも効果的です。過度な食事で疲れ切った胃腸を整えることで、余計な脂肪を蓄える働きを抑えたり、老廃物の排出を促したりする効果も期待できます。

血流が促進される

ダイエット 16時間

体内を流れる血液は、食べ物を消化した栄養素からできています。過度な食事で消化不良になったり、毎日偏ったものを食べて胃腸に負担をかけている方は血液の流れも悪くなっているんです。

16時間断食することで消化するものがなくなり胃腸の調子がよくなるため、血液の質も高まります。血液循環しやすくなった血が身体中に行き渡ることで、身体全体の調子が整います。

脂肪が分解され痩せる効果が期待できる

ダイエット 16時間

人間の身体は約10時間以上体内に食べものが入ってこないとブドウ糖が不足し始めます。すると体内で自発的にブドウ糖を作るようになり、脂肪をエネルギー源として使うようになるんです。

16時間の断食でもこの効果は得られます。脂肪が分解され始め、体重が落ちる効果が期待できます。

16時間断食ダイエットのデメリット

16時間断食ダイエットにはデメリットもあります。人によっては断食はストレスを感じやすいため、デメリットを把握してご自身に合ったダイエット方法かあらかじめ知っておくことが大切です。

空腹を感じる時間が長い

ダイエット 16時間

断食の間は限られた飲み物や食べ物しか食べられませんので、空腹の時間をいつもより長く感じストレスになる可能性もあります。普段から間食したり食べる量が多かったりする方は、断食までスケジュールを整えましょう。

16時間断食ダイエットを行う日を決めたら、その日に向けて少しずつ食べる量を調節していきます。お腹いっぱい食べていたものを腹8分目に、次の日は6分目にして少しずつ空腹に耐性をつけましょう。

また、断食ダイエット中は気が紛れるようなことを徹底して行うのも1つの手段です。1度始めるとやめられないようなパズルや編み物・長編映画などご自身が興味のあるもので時間を潰しましょう。

基礎代謝が低下してしまう

ダイエット 16時間

断食を行うとその間は何も食べないため、身体がブドウ糖を作るために脂肪を分解し始めます。このとき筋肉も同時に分解してしまうことがあります。

筋肉を分解して減らしてしまうと基礎代謝が低下し、痩せにくい身体になってしまうんです。断食を短期間でたくさん行うと身体が栄養を摂らない状態を覚えてしまい、栄養の変わりに筋肉を壊してしまう可能性があります。

断食を行う際は短期間で何回も行うのではなく、長期間に数回定期的に行う方法がおすすめです。あまり多く断食すると身体が飢餓状態と勘違いして、通常の食事に戻ったときに栄養を摂りすぎてリバウンドしてしまいます。

16時間断食ダイエットの方法は?

16時間断食ダイエットの具体的な方法を詳しく解説します。16時間断食ダイエットと言いますが、断食の期間に食べても良いものもあります。ルールを守って効果的なダイエットを行いましょう。

24時間中8時間だけは食事しても良い

ダイエット 16時間

16時間断食ダイエットですので、その名の通り24時間中16時間は断食し、8時間は好きな食事を摂ってもかまいません。

朝起きて初めて食事をした時間からカウントを始めます。8時間は好きなものを食べたり飲んだりしてかまいませんが、これから断食するからといって過度な食事をしてしまうと効果は薄まります

空腹が心配な方は、腹持ちの良いものを食べたり、炭酸水を含む飲み物を飲んだりすることで満腹感を長持ちさせることができます。8時間の食事もなるべく工夫して意味のある断食につなげましょう。

16時間の断食中に飲食して良いものもある

16時間断食をするダイエットですが、その間も適量なら摂取していい食材があります。断食をできるだけ長続きさせられるように、断食ダイエットをする際はあらかじめ用意しておきましょう。

ナッツ・フルーツなどの糖質が少ないもの

ダイエット 16時間

ナッツ類・フルーツ類は断食中に食べてもあまり影響がない食材です。どちらも食べ過ぎには注意し、断食を続けるために間隔を開けて食べましょう。

ナッツ類は脂質が多いため、少量食べただけでも空腹感を凌げます。とくにアーモンドは食物繊維が含まれており、腸内環境を整える断食の邪魔をあまりしない食べ物としておすすめです。

フルーツはイチゴがおすすめです。糖質が少ないため、1日5〜6個以下なら食べても問題ありません。フルーツを食べる際は糖質量が少ないものを選ぶようにしましょう。

無糖のコーヒー

ダイエット 16時間

断食中は砂糖やミルクを入れず、無糖のコーヒーを飲みましょう。コーヒーに含まれるカフェインが食欲を抑えてくれます。

しかし、断食中にコーヒーを飲む場合は注意が必要です。空腹時にカフェインを摂取すると胃腸に刺激を与えてしまうことがあるため、上記のナッツやフルーツと合わせて飲むか、ノンカフェインのものを飲みましょう。

16時間断食ダイエットと合わせて行うこと

ダイエット 16時間

16時間断食ダイエットをさらに効果的にするには、適度な運動やストレッチなども重要です。断食による糖質不足で脂肪からブドウ糖を作る働きが起きていますので、合わせて運動を行うことでさらに脂肪燃焼できます。

筋トレで筋肉に刺激を与えたあと、ジョギングやサイクリングなどの有酸素運動を行うことで基礎代謝がさらに上がり脂肪燃焼が活発になります。運動の前後はストレッチを欠かさず行いましょう。

また、断食中でものを食べられないストレスを感じる方はヨガがおすすめです。呼吸を意識して酸素を身体中に届けたり神経を整えるポーズを行うことで、神経バランスが整いストレスを感じにくくなる効果が期待できます。

まとめ

16時間断食ダイエットの効果や方法を詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。断食ダイエットはデメリットもありますが、正しい方法で行えばメリットも多く痩せやすいダイエット方法です。きちんとポイントを抑え、無理のないダイエットを行ってくださいね。

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

いますぐ申し込む