コラム記事 | ハイフ(HIFU)のデメリットとは?副作用も解説

ハイフ(HIFU)のデメリットとは?副作用も解説

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

 

メスのいらない美容治療として話題の「ハイフ(HIFU)」。気軽に受けられて、たるみやリフトアップに効果があると注目を集めています。しかし、ネットで検索すると「デメリット」や「副作用」という言葉を目にすることも。顔への施術ですし、失敗したくないですよね。そこで今回は、ハイフの効果やデメリット・副作用について徹底的に調べました。副作用についての対処法などもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

そもそもハイフ治療とはどんな仕組み?

ハイフ デメリット

ハイフの正式名称は「(HIFU)High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)」。気になる部分に高密度の超音波を照射し、肌の深層部まで熱エネルギーを届けて肌を活性化させる仕組みです

 

高密度の超音波を当てることで、肌の深い部分にあるSMAS筋膜まで熱が届きます。SMAS筋膜は肌のたるみやしわの原因になる部分で、ダメージを与えることでそのダメージを修復しようとする動きが発生し、肌が蘇ると言われています

 

また、肌内のコラーゲンに刺激を与えることで、破壊されたコラーゲンを修復しようとするためにコラーゲンが増殖、お肌にハリが出てくる効果も。脂肪が気になる部分に当てれば、脂肪細胞を燃焼してくれますので、部分痩せにもおすすめの施術です

 

ハイフの効果はどれくらい?いつまで保つの?

ハイフ デメリット

超音波によって肌を活性化させるハイフ。注射や手術をする従来の美容施術と違い、肌を傷つけずに治療でき、その効果も評判を集めています。しかし、ハイフの効果は即効性があるものではありません。

 

実は、ハイフの効果は施術後1~3か月後に現れるんです。肌の深層部にある細胞やコラーゲンを刺激することで肌を活性化させる施術のため、1か月後から最も綺麗な肌になると言われています。

 

また、1度の施術の効果は約6か月です。個人差もありますが、エステサロンや美容外科によって出力量が違うため、ハイフとご自身のお肌の相性を見ながら、定期的に通うことが大切です。

 

ハイフの副作用・デメリットとは?

短時間できれいになれる美容治療として評判のハイフですが、施術を受ける方によっては副作用やデメリットがあります。施術を受けるか考えている方は、副作用・デメリットをあらかじめ理解しておきましょう。

 

主な副作用

ハイフ デメリット

ハイフの施術を受けたあとに起こりうる副作用についてご説明します。個人差はありますが、どれも施術後一時的に発症するものです。もし症状が長く続く場合は、施術を受けたサロン・クリニックや皮膚科に相談しましょう。

 

痛みがある

ハイフ デメリット

超音波を照射する際、高密度超音波の出力量が多いと痛みを感じやすいです。また、脂肪が少なく、肌と骨の距離が近いところほど痛みを感じます。

 

ハイフは1度の施術で4000~6000回照射を行うため、痛みに弱い方・敏感な方は施術がつらい場合もあります。クリニックやエステによっては笑気麻酔・部分麻酔ができるところもありますので、事前に確認しましょう。

 

肌が乾燥する

ハイフ デメリット

ハイフの施術後は、肌がデリケートになり乾燥しやすくなる場合があります。高密度超音波を当てているため、熱エネルギーにより肌細胞が刺激を受け、いつもより敏感になることが原因です。施術前後はいつもより念入りに保湿することを意識しましょう。

 

一時的に紫外線の影響を受けやすくなる

ハイフ デメリット

気になる部分を熱エネルギーで刺激することで、肌細胞を破壊・活性化させるハイフの治療。熱エネルギーの刺激により、一時的に肌が敏感な状態になります。そのため、紫外線の影響を受けやすくなることもありますので、施術後は注意が必要です。

ハイフはダウンタイムが短い施術として人気を集めていますが、最低1時間前後のダウンタイムは必要です。その間は日焼け止めや化粧はできませんので、もともと日差しに弱かったり、しみができやすかったりする方は、施術後の日焼け止め対策も徹底することをおすすめします。

 

肌に赤みが出る

ハイフ デメリット

熱エネルギーを肌に当てることで、熱がこもり、ほてり・赤みが出る場合があります。どちらも一時的な症状ですので、その日のうちに治ることが多いです。長時間続いた場合は、施術を受けたクリニックやエステに相談しましょう。

 

主なデメリット

ハイフ デメリット

ハイフの施術にはいくつかデメリットがあります。施術を受ける前にデメリットを把握しておき、ご自身の体にあっているかどうか・施術を受けてもいいか判断することをおすすめします。

 

やけどする場合がある

ハイフ デメリット

高密度超音波を当てて熱エネルギーを肌に届けるハイフの治療。熱エネルギーによって、やけどする可能性があります。ただし、超音波の出力量が高すぎた場合や、肌下の脂肪が少なすぎた場合に限ります。必ずしも引きおこるものではありませんので、心配な方は施術前に相談しましょう。

 

神経損傷のリスクがある

ハイフ デメリット

高密度超音波の出力量が過剰に多い場合、神経損傷してしまう場合があります。過度に安いエステサロンの場合、専門知識がない方が施術をしている可能性もあります。クチコミも参考にしながら、適正で安全な施術が受けられるところを探しましょう。

 

施術を受けられない方もいる

ハイフ デメリット

肌への負担が少ないハイフですが、中には施術を受けられない方もいます。妊娠中・授乳中の方・ペースメーカーが入っている方・アトピー体質の方などです。身体への影響が出てしまう場合がありますので、心配な方は施術を受けても良いか確認しましょう。

 

施術後はアフターケアをしよう

ハイフ デメリット

ハイフの治療は、アフターケアも大切です。副作用を引き起こさないためにも、ご自身で念入りにケアしましょう。アフターケアと、施術後注意すべき点をご紹介します。

 

いつもより保湿を念入りに

ハイフ デメリット

施術後は、肌が一時的に敏感になりダメージを受けやすい状態です。クリニック・美容外科やエステサロンでも保湿ケアはしてくれますが、帰宅後はご自身でも念入りにケアをしましょう。

 

特に、赤みやほてり・乾燥によるダメージが出やすいです。いつもよりしっとりめの化粧水を塗ったり、パックをしたりしてケアすることをおすすめします。

 

紫外線は避けてすごそう

ハイフ デメリット

熱エネルギーの刺激を受けて肌が敏感になっている状態では、紫外線のダメージを受けやすいです。せっかくお金を払って施術を受けても、紫外線のダメージを食らってしまうとしみやたるみの原因になりかねません。治療を受けた当日は、日傘や帽子を被ったり、歩かずにタクシーを利用したり、なるべく直射日光を避けて生活しましょう

 

20代でハイフは早いの?将来への影響・注意すべき点

20〜30代を中心に施術を受ける方が多いハイフ。しかし、効果を期待して多く治療を受ければいいというものではありません。施術を受ける上での注意点もあります。

 

やりすぎは逆効果になってしまう

ハイフ デメリット

20代から施術を受ける方も多いハイフですが、若い頃から治療を受けすぎると逆効果になってしまいます。脂肪を燃焼しすぎてしまったり、コラーゲンが縮みすぎてしまったりすることで、痩せこけた印象になる場合があります。効果をじっくり確かめながら、医師やエステ施術者と相談して施術の頻度を決めましょう。

 

自分に合ったエステサロン・美容外科を見つけよう

ハイフ デメリット

美容外科やエステサロンによって、ハイフの出力量・使用できる麻酔などが違います。使用する機器によっても照射の痛さが違いますので、ご自身の体に合った場所を見つけることが大切です

 

もし施術を受けて副作用があったり、気になることがあったりした場合は、きちんと相談することが大切です。肌に施す治療ですので、安全性を重視して施術が受けられる場所を見つけましょう。

 

まとめ

ハイフのデメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ハイフはデメリットや副作用があるものの、一時的なものが多く、ご自身で予防することもできます。もしもハイフの治療を受けてお肌にトラブルが起きた場合は、美容外科やエステに相談しましょう。

関連記事

Related Posts

  1. エステ ハイフ
  2. ハイフ お腹痩せ
  3. ハイフ ほうれい線
  4. ハイフ ショット数
  5. セルフエステとは
  6. ハイフ 間隔
  7. ハイフ 機械 種類
  8. ハイフ 目元
  9. ハイフ 何歳から
  10. ハイフ 神経損傷
  11. ハイフ 目元

いますぐ申し込む