コラム記事 | ◆ハイフ(HIFU)の効果を解説!何日後に現れる?

◆ハイフ(HIFU)の効果を解説!何日後に現れる?

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

メスを入れずに施術できる美容治療として人気を集めているハイフ(HIFU)。しかし、ウェブで調べてみると「効果がない」「副作用が怖い」などの口コミも目にします。今回の記事では、そんな噂が多いハイフは本当に効果があるのか・どんな効果があるのかをご紹介します。ハイフ治療を考えている方や、施術を受けるか迷っている方はぜひご覧ください。

ハイフ(HIFU)治療とは?

最近話題を集めているハイフ。正式名称は「(HIFU)High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)」といいます。名の通り、高密度の超音波を治療したい部分に当てることで、肌の深層部まで超音波の熱が届いて根本的にお肌のトラブルを治す治療です。

 

しわやたるみ・肌のハリを改善するための従来の美容治療というと、手術や注射などをイメージする方も多いと思います。実は、ハイフは肌を傷つける必要がない美容治療なんです。超音波を肌に当てるのみの施術ですので、肌に傷を作らず短時間でいつもの生活に戻ることができます。

 

そんなハイフ治療ですが、ネットやウェブで調べるとマイナスなイメージのワードを目にすることもあります。そこで今回は、ハイフ治療を受けたいが不安があったり悩んでいたりする方向けに、ハイフの効果について調査しました。副作用の有無や痩身ハイフについても紹介していますので、ぜひご覧ください。

いつから始まった治療なの?

ハイフの歴史は長く、現在のハイフの元になった治療は1950年代から始まりました。その後研究が進み、患部を瞬時で加熱しタンパク質を凝固させる技術がアメリカで誕生。癌や甲状腺治療として用いられる最新の医療機器として、世界中にその技術が広まりました

 

美容治療としてハイフがメジャーになったのは2010年代。多くの美容外科やエステサロンで扱われるようになったのは最近のため、施術を受けた方がたくさんいるわけではありませんが、その効果から人気を集めている最新の美容治療です。

ダウンタイムが少ないって本当?

ハイフ治療の1番の特徴は、ダウンタイムがおよそ1時間前後という点です。従来の美容治療は注射や手術が多く、1日〜数週間のダウンタイムが必要な施術ばかりでした。しかし、ハイフの治療は肌に直接傷をつけない超音波のみでの施術ですので、治療を受けたその日にメイクをすることも可能です。

「ハイフ治療は効果ない」は嘘?期待できる効果とは

ネットで噂されるハイフの効果の信憑性。今回は、ハイフ治療を受けることで具体的にどんな効果が現れるのか、効果が1番現れる時期なども合わせて信憑性を確かめました

何日後から効果が現れるの?

ハイフの施術後、効果を実感する時期には個人差があります。もともとハイフの治療は高密度の超音波を幹部に当てることで、肌の深層部にある筋膜・コラーゲンに刺激を与え、肌内の細胞を活性化させる施術。即効性があるものではありません

 

施術を受けた直後に効果を実感する方もいますが、1番効果を感じられるのは施術後1ヶ月後とされています。1〜3ヶ月後に肌のハリやリフトアップを実感する方が多く、施術後約6ヶ月で効果が薄れるとされています。

 

顔のハイフ施術で得られる効果

エステやクリニックで最も施術が多い顔のハイフ施術。「メスを入れない美容治療」と言われており、様々な効果があります。ここでは主な3つの効果をご紹介します

顔や首まわりのたるみ改善

老けた印象の原因になる顔まわりのたるみ。ハイフの高密度超音波を照射することで、肌深層部のSMAS筋膜に刺激を与え、肌細胞が活性化されます。SMAS筋膜は肌の土台で、この部分がたるむことで肌全体がたるむと言われているんです。

 

顔だけでなく首まわりのたるみがなくなることで、小顔効果はもちろん、すっきりした若い印象になります。ダイエットだけではなかなか解決しない問題も改善されるのが、ハイフの強みです。なかなか改善されない二重顎にも効果があります。

 

ほうれい線・マリオネットラインなどのしわ改善

年齢と共に現れやすくなる、ほうれい線やマリオネットライン。しわが増えれば増えるほど老けた印象になるため、悩んでいる方も多いと思います。ハイフはそんなしわを改善する効果もあるため、ほうれい線はもちろん、目周りのこじわなどに悩んでいる方にもおすすめです

 

気になる部分にハイフを当てると、高熱によりコラーゲンが縮みます。それを修復しようとコラーゲンが増殖してしわが改善されるのが、ハイフの施術の仕組み。施術時に超音波を当てる痛みは若干ありますが、投薬なしでご自身の肌をきれいにできるのも魅力の1つです

 

肌のハリ感をアップさせる

しわはもちろん、肌のくすみやハリを改善してくれるのもハイフの強み。顔全体に照射すれば、コラーゲンが増殖しようとする力で肌が活性化されます。また、施術する院やエステによっては細かい部分まで施術できるアタッチメントがありますので、目元・眉下なども対応できます。

 

効果は顔だけじゃない!二の腕・足などの痩身ボディハイフもチェック

ハイフの治療は顔だけではありません。歳を重ねるごとに痩せづらくなる二の腕・足などに効果をもたらす痩身ボディハイフがあります。同様の仕組みで肌の深い部分の脂肪細胞に熱を与え、脂肪細胞を破壊し少なくしてくれます

 

肌へのダメージなしでサイズダウンが可能なのも嬉しい点。引き締め効果はもちろん、肌のたるみ改善も期待できます。リバウンドしにくいため、なかなかダイエットが成功しない・部分痩せしたい方におすすめです

ハイフに副作用やデメリットはあるの?

ハイフの施術を受けようと思っている多くの方が気にしている副作用。実際に副作用はあるのか・どのような副作用があるのかを調査しました。副作用の予防策も紹介していますので、合わせてご覧ください。

ハイフ施術の副作用はある

個人差はありますが、施術後に副作用が出る場合があります。具体的には照射部分の火照り・肌の赤み・乾燥など。ピンポイントに熱エネルギーを当てているため、日焼けのあとのような火照りや赤みを感じる方もいます。

 

施術を受ける方が最近増えつつあるハイフ。副作用や肌トラブルの心配を抱えている方も多いです。もともと日差しや熱に弱かったり、赤みが出やすかったりする方は、施術前に相談しましょう

 

施術後はお肌のケアをして効果を高めよう

個人差がありますが、副作用をなるべく抑えるためにはしっかり保湿をしましょう。高密度超音波を当てて熱を与えていますので、一時的に肌が敏感な状態になっています。施術直後はなるべく日差しを避けたり、いつもより丁寧に保湿をして肌を守ることをおすすめします

 

また、ハイフの超音波照射によって完全に肌がきれいになるわけではありません。バランス良い食事や規則正しい生活を心がけることで、さらに相乗効果が見込めます。特に施術後は肌が弱っている状態ですので、肌トラブルを抑えるような生活を心がけましょう。

 

まとめ

ハイフの効果や副作用についてご紹介してきました。即効性はありませんが、ハイフの効果は抜群です。ダイエットがなかなか続かなかったり、日々忙しくてこまめにサロンに通えなかったりする方でも短時間で悩みを改善することができます。顔や首だけでなく、体の気になる部分にも有効なハイフの施術を受け、さらに綺麗になってみてはいかがでしょうか。

 

◆関連記事

Related Posts

  1. スクリーンショット
  2. スクリーンショット
  3. 看護師
  4. スクリーンショット
いますぐ申し込む