コラム記事 | ◆ハイフ(HIFU)の効果はいつまで続くのか?継続のコツも紹介
看護師

◆ハイフ(HIFU)の効果はいつまで続くのか?継続のコツも紹介

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

肌を傷つけずにできる美容治療として、注目を集めているハイフ。施術を受けたいけれど、実際に効果があるのか・どれくらい効果が保つのか不安に思っている方も多いと思います。そこで今回の記事では、ハイフの施術後に効果がいつまで保つのか調査しました。ハイフの治療を受けようか迷っている方はぜひご覧ください。

 

最近話題のハイフとは?

ハイフ(HIFU)とは、高密度超音波を肌の気になる部分に当てることで、さまざまな効果が得られる美容治療。しわ・たるみの改善や、脂肪燃焼の効果があるとされています。注射や手術が主流だった従来の美容治療と違い、肌を傷付けない治療として注目を集めています。

 

しかし、ハイフは1度の施術あたりの価格は10,000円〜10万円近くとピンキリ。効果があるかどうか・いつまで効果が保つのか心配になりますよね。実は、ハイフの効果は6ヶ月前後と言われています。照射の出力量や機械によっても差がありますが、1度の施術で長く効果を感じられるんです。

 

そこで今回は、ハイフの主な効果・効果が出始める時期・効果を長持ちさせるポイントなどをご紹介。ハイフの施術を受けようか悩んでいる方はぜひご覧ください。

 

ハイフの主な効果

最近話題を集めているハイフ。どのような効果があるのか、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。ハイフの施術は顔・体の2種類があり、それぞれ期待できる効果が違いますので、ご自身の求める効果に合わせて施術を受けましょう。

 

顔への施術で受けられる効果

ハイフ治療を受けられる美容外科・クリニックのほとんどが行っている顔ハイフ。注射や手術をすることなく、さらに綺麗になる効果が期待できます。顔へのハイフ施術による効果は主に3つ。それぞれ詳しい効果と仕組みをご紹介します

 

しわ・たるみの改善

顔のしわ・たるみ問題は女性の誰もが悩むもの。ハイフならそんな悩みを解決してくれます。肌の深層部にあるSMAS筋膜がたるんでしまうのがしわやたるみの原因と言われており、ハイフはその筋膜に直接アプローチをかけてくれます

 

高密度超音波により、気になる部分に集中的に熱エネルギーを届けます。熱エネルギーによって刺激を受けた筋膜が引き締まり、肌の土台からたるみを改善。根本的にしわやたるみをなくしてくれる確実な効果が人気を集めています。

 

ほうれい線やマリオネットラインはもちろん、目元のこじわにも対応しています。ただし、細かいしわを施術する場合、使用するハイフの機器によっては対応していないアタッチメントもありますので、施術を受ける場合はどれくらい細かく照射できるのか確認しましょう

 

肌のハリ・ツヤ改善

ハイフが治療できるのは、しわやたるみだけではありません。高密度超音波を照射することで、肌にハリ・ツヤが出てくるんです。その仕組みは、高い熱エネルギーが表皮の下にある真皮層まで届くことに秘密があります。

 

熱エネルギーを肌に当てると、真皮層にあるコラーゲンに熱が届きます。熱を当てられたコラーゲンが縮み、そのコラーゲンを修復しようとして肌内のコラーゲンが増殖。コラーゲンの増殖により、肌にハリ・ツヤが出てきます。

 

お肌のハリやツヤを出すために、様々な化粧品を試したり、食生活を見直したり、対策を試行錯誤している方も多いと思います。そんな方は、ハイフの施術を受けることでさらにきれいな肌を手に入れられること間違いなし。薬品を使わずに、ご自身の肌の再生力できれいになれるのも嬉しい点です。

 

美肌効果が期待できる

肌のハリ・ツヤが出る仕組みと同様に、美肌効果も期待できます。ハイフの施術で高密度超音波を照射するとコラーゲンが刺激され、肌内の動きが活発になります。ハリ・ツヤはもちろん、肌トラブルの少ない顔へと導いてくれます。

 

コラーゲンが増殖する動きにより、肌のターンオーバーも活発になります。くすみやしみが目立たなくなったり、吹き出もの・ニキビが少なくなるケースも。肌の動きを活発にして得られる効果ですので、健康面にも問題なく施術を受けられます。

 

ボディハイフで気になる部分も脂肪燃焼できる

ハイフの施術を受けられるのは顔だけではありません。体の気になる部分に超音波を照射する、ボディハイフというものがあります。顔へのハイフ治療と効果が異なりますので、施術前に確認しておきましょう。

 

ボディハイフの主な効果は、部分痩せ。二の腕や顎下など、たるみが気になる部分に熱エネルギーを照射することで、脂肪細胞が燃焼されます。1度の施術で全ての脂肪細胞が燃焼することはありませんが、継続的に施術を受けることで痩せる効果が期待できます。

 

たるみや贅肉が気になる部分があっても、自力で部分痩せすることはなかなか難しいと悩んでいる方にはボディハイフがおすすめ。ただし、短期間で施術を受けすぎてしまうと、逆に痩せこけて不健康に見えてしまう場合もありますので、適度な回数の施術を心がけましょう。

 

ハイフの効果はいつまで保つ?

ハイフの効果をいくつかご紹介してきましたが、その効果は施術後いつまで保つのでしょうか。ハイフの効果を感じ始める時期や、長持ちさせる方法と合わせてご紹介します。

ハイフは即効性があるものではない

超音波を肌に当て、肌内の深層部まで熱エネルギーを届けることで肌を活性化させるハイフの治療。個人差はありますが、その効果は即効性があるものではありません。人によっては施術後すぐにリフトアップなどの効果を感じる方もいますが、ほとんどの方は1〜3ヶ月後が1番効果を感じやすいです。

 

その理由は、コラーゲンの動きにあります。コラーゲンが増殖しようとする働きを利用して肌の再生を図るハイフですが、コラーゲンが最も活発になるのは、施術後1〜3ヶ月と言われているためです。施術後、最もコラーゲンが活動している時期が効果を感じやすいです。

 

ハイフの効果は、日に日に感じていくもの。ですので、施術後すぐに効果が感じられずに落ち込む必要はありません。施術後はいつもより念入りにお肌を労りながら、効果の経過を観察しましょう。

 

効果が続くのは3〜6ヶ月程度

ハイフの施術後、効果が継続するのは3〜6ヶ月。コラーゲンの動きにより肌が活性化され、長い場合は6ヶ月以上効果を感じられることもあります。ハイフの1度の治療は30分〜1時間程度ですので、効果が薄れてきても隙間時間で施術を受けられるのが嬉しい点です。

 

美容外科やエステサロンによっては、施術時にマッサージをしてくれたり、保湿ケアをしてくれたりするところもあります。施術後は肌が敏感になっており、しっかりケアすることで肌を守ってハイフの効果を高めてくれますので、効果をより長持ちさせるためにも、施術後のケアは念入りに行いましょう。

 

少ない治療数で長く効果を感じたい方は医療ハイフを受けよう

医療ハイフとエステハイフの2種類があるハイフですが、それぞれ効果の継続期間が違います。医療ハイフは、医療専門の方が施術をしてくれるため、超音波の出力量が高く、1度の施術で長い効果を得られます。

 

しかし、高出力のため、施術時に痛みを伴うことも。価格もやや高いため、効果があまり感じられなかった場合や施術が合わなかった場合、短期間で他院やエステに行けないデメリットもあります。

 

効果を確かめながら定期的に通いたい方はエステハイフがおすすめ

一方エステハイフは、医療ハイフに比べて出力量が少ないため、効果の継続時間が若干短いです。しかし、価格もピンキリでさまざまなエステがありますので、効果をじっくり確かめがらご自身に合った施術を探すことができます。

 

また、エステサロンならではのマッサージやケアをしてくれるのも魅力的。ハイフ施術後のケアで相乗効果が期待できますので、定期的に通って効果を感じたい方におすすめです

 

ハイフの効果を長持ちさせるには?

ハイフの効果を長持ちさせるには、効果が薄れてきた頃に定期的に施術を受けることが大切。施術後せっかく効果を感じても、その後放置してしまうと元の状態に戻ったり、肌内の動きが戻って再生までに時間がかかったりします。

 

継続して施術を受けるなら、前回施術後の4〜6ヶ月後がおすすめです。ご自身のお肌の様子を見ながら、美容外科やエステサロンと相談して時期を決めましょう。継続して施術を受けることで、さらに美しいお肌になれること間違いなしです。

 

まとめ

ハイフの効果がいつまでなのか、どのような効果があるのかご紹介してきました。ハイフはお肌の根本を活性化させてきれいになる施術ですので、効果を感じたあとも定期的な施術を受けることが大切です。ご自身に合った美容外科やエステを見つけて、きれいなお肌を維持しましょう。

 

 

◆関連記事

Related Posts

  1. スクリーンショット

いますぐ申し込む