コラム記事 | ほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法とは|しわの原因も紹介

ほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法とは|しわの原因も紹介

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

加齢と共に気になり始めるほうれい線。女性なら1度は気にしたことがあるのではないでしょうか。ほうれい線を改善したくても自分でリフトアップできるのか・効果はどのくらいなのか気になりますよね。そこで今回はほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法について詳しく調べました。ご自身でできるケア方法などもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法とは

ほうれい線 リフトアップ

ほうれい線とは、年齢と共にだんだん深くなっていく口横のしわのこと。1度気になってしまうと笑うのをためらったり、ついつい口元を隠してしまったりしますよね。そんなほうれい線はセルフケアできるのでしょうか?

実は、個人差はありますが、ご自身でもできるほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法があるんです。ほうれい線ができてしまう原因を理解し対策することで、少しずつほうれい線をリフトアップさせ撃退する効果が期待できます。

そこで今回は、ほうれい線ができてしまう原因や解決方法・おすすめのリフトアップ方法などをご紹介します。ご自身でできるケアはもちろん美容医療に関してもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができて次第に深くなっていく原因は主に3つあります。年齢によるものだけでなく、誰でも起こりうる原因もありますのでご自身の生活に当てはめながらご覧ください。

顔がたるんでしまう

ほうれい線 リフトアップ

皮下脂肪が垂れ下がってきてしまうのがほうれい線で1番多い原因です。脂肪は年齢と共に柔らかくなっていきますので、加齢と共にほうれい線が深くなる場合はたるみが原因のことが多いです。

また、いつも同じ方向をむいて寝る方・片方だけで食べ物を噛む癖がある方もこの原因が考えられます。いつも重力で垂れ下がっていたり、しわが入っていたりすると皮膚にしわができやすくなってしまいます。

表情筋が衰えてくる

ほうれい線 リフトアップ

表情筋とは、顔を動かすときに使われる頬まわりの筋肉のこと。表情筋があまり使われないと筋肉が衰え、顔の脂肪を引き上げられなくなってしまいます。口まわりに重みがかかり、ほうれい線が目立ってしまいます。

表情筋は話したり笑ったりするときに使われるのはもちろん、硬いものを食べる・口を大きく動かすときも使われる筋肉です。無意識のうちに衰えてしまいがちな筋肉なので、エクササイズで鍛えることも大切です。

コラーゲンが減少して肌のハリがなくなる

ほうれい線 リフトアップ

コラーゲンが減少するとほうれい線が深くなってしまいます。コラーゲンは肌のハリやツヤを保つために欠かせない成分ですが、年齢と共にコラーゲンを作る役目を果たす線維芽細胞が減ってしまい、コラーゲンが減少します。

コラーゲンが減少すると肌のターンオーバーも周期が遅くなってしまい、シワ改善にも時間がかかります。コラーゲンが多く含まれる食べ物やサプリなどで定期的に摂取することが大切です。

ほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法

深くなり目立つようになったほうれい線をリフトアップするにはどうしたらいいのでしょうか。ほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法はいくつかありますので、それぞれ詳しくご紹介します。

定期的にマッサージする

ほうれい線の原因は筋肉の衰えや皮膚にしわが形成されて定着してしまうことがほとんどです。定期的にマッサージで筋肉や皮膚を刺激して、リフトアップしましょう。

頭皮からマッサージしてたるみを引き上げる

ほうれい線 リフトアップ

頭皮からマッサージを行うことで、顔全体のむくみをとる効果が期待できます。皮膚が柔らくなるお風呂あがりや朝のお化粧前に行うことで、より顔まわりがすっきりします。

  1. 両耳上の髪の生え際に指を当てます。
  2. 両手を上下に動かし、ジグザグを書くようにゆっくり指圧します。
  3. ジグザグを書きながら頭頂部に向かって腕を動かしていきましょう。
  4. 頭頂部まで行ったら手を離し、1〜3を好きなだけ行います。ご自身が心地よいと感じる回数で行ってください。

頭のこりや緊張がほぐれ、顔全体がすっきりしてくるはずです。顔のむくみが取れて、ほうれい線が目立たなくなる上に、目元がぱっちりする効果も期待できます。

ほうれい線のこりをほぐす

ほうれい線 リフトアップ

ほうれい線が凝り固まると血行不良や老廃物がたまりやすくなり、むくんでさらにほうれい線が深くなるサイクルにはまってしまいます。毎日優しくほうれい線をマッサージしてその日の凝りはその日のうちに取り除きましょう。

  1. 顔に触れるマッサージですので、乳液や化粧水を使って肌の摩擦を軽減しましょう。
  2. 両手中指の腹部分を使い、ほうれい線の最上部(小鼻脇部分)を押します。
  3. ほうれい線を下へなぞるように、クルクル円を描きながらマッサージしていきます。
  4. ご自身で凝りが取れて気持ちいいと感じるまで何度か繰り返します。

マッサージ中はできるだけ顔の力を抜き、ほうれい線を優しく刺激してほぐしてあげましょう。あまり強く押し過ぎたり乳液・化粧水を使わずに行ったりすると肌荒れの原因になってしまいます。

シートマスクでケアする

ほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法にはシートマスクも効果が期待できます。美容液や保湿成分コラーゲンを肌に浸透させるものはもちろん、リフトアップ効果があるシートマスクを使ってケアすればさらに効果が高まります。

集中ケアでしわを薄くする

ほうれい線 リフトアップ

ほうれい線を集中的にケアしたい方は、市販の目元用部分シートマスクを使うのがおすすめです。顔全体・ほうれい線の凝りをほぐしたあとにシートマスクをつけましょう。

マッサージしたあとにシートマスクをつけることで、ほうれい線が薄くなった状態の皮膚をキープする時間が増えます。さらに効果を高めたい方は、仰向けの状態でシートマスクをつけるのがおすすめです。

リフトアップ美容液でケアする

ほうれい線 リフトアップ

ご自身のケアだけでほうれい線をなくしたい方は、リフトアップ美容液を使うとさらに効果が期待できます。リフトアップ美容液とは、肌をキュッと引き締めてしわやたるみを目立たなくする効果がある美容液です。

リフトアップ美容液の効果をさらに高めるには、マッサージ後にパックまたは美容液をつける順番がおすすめです。マッサージでほうれい線を薄くした状態を保つために、ほうれい線まわりに浸透させるように美容液をつけましょう。

美容医療で治療する

ほうれい線を短時間で薄くしたい・無くしたいと考えている方には美容治療もおすすめです。ご自宅でケアするよりも価格は高いですが、専門医が治療を行い短時間で理想の状態を手に入れることができます。

レーザー治療ならダウンタイムもなし

ほうれい線 リフトアップ

最近はEMSという美容治療が注目を集めており、ほうれい線治療にも効果があります。電気刺激を筋肉に当てることで活性化させ、肌を綺麗にする治療のことです。

ほうれい線部分に電気刺激を与え、コラーゲンが作られる働きが活発になったり衰えた筋肉が動くことでほうれい線が目立たなくなります。メスを用いない治療ですので、ダウンタイムが短いメリットもあります。

美容治療を受けたい方は価格や施術後のケアなどをしっかり調べて、ご自身の希望に合ったクリニックを選びましょう。価格も決して安くない治療ですので、気になる方はぜひ1度詳しく調べてみてくださいね

まとめ

ほうれい線を目立たなくするリフトアップ方法について、ご自宅でできるリフトアップ方法や美容治療方法をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ほうれい線は1度できてしまうと戻らないと思う方もいますが、しっかりケアすることで効果が期待できます。隙間時間を使ってケアして、さらに綺麗なお肌を手に入れてくださいね。

Related Posts

  1. 芸能人 小顔 方法
  2. リフトアップ 方法
  3. 顔 リフトアップ
  4. ハイフ 間隔
  5. ハイフ 神経損傷
  6. リフトアップ 糸
  7. たるみ リフトアップ

いますぐ申し込む