コラム記事 | セルフエステとは?5つのメリットと4つのデメリット

セルフエステとは?5つのメリットと4つのデメリット

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

美容業界からも大注目のセルフエステ !

今、美意識の高い系女子や美容業界から大注目されている「セルフエステ 」をご存知ですか?その名の通り自分自身でエステ施術が行える最新型のエステ方式です。今回は、セルフエステとは何か?の疑問にお応えして、セルフエステのシステムやエステサロンとの違い、デメリットなど詳しく解説していきます!

 

セルフエステとは

セルフエステとは

プロのエステティシャンが施術を行うのではなく、利用者が自分自身で施術を行います。エステサロンとしては最新型の試みで、今人気急上昇中の施術方式のエステです。利用できる美容機器は、高級エステサロンも御用達のプロ仕様の機器ばかり。

 

その機器を使って利用者自ら施術を行うことでコストを削減しています。そのため、安い価格帯で気軽に本格エステが味わえるようになり、その高いコストパフォーマンスが人気を呼んでいるのです!

 

セルフエステ独自の料金設定も人気の秘訣。通常のエステサロンと違い、高額なコースメニューを組むのではなく、定額制やチケット制など、プランの中から自由に選ぶことができます。24エステでは、月会費で24時間いつでも使い放題のお得なプラン一択です。

 

セルフエステの種類

セルフエステといってもシステムはサロンにより様々です。ここでは、いくつか種類別にセルフエステのシステムをご紹介します。

 

サロンの種類

セルフエステサロンには大きく分けて2種類、有人と無人のサロンがあります。

 

受付と案内をしてくれるスタッフが在籍するサロン

セルフエステとは

スタッフが常駐しているサロンでは、基本的に受付とエステマシンの置いてある個室への案内をしてくれます。エステの知識があるスタッフがいることで安心感もあり、初回はマシンの使い方をレクチャーしてもらえたりと、心強いのがスタッフ常駐のサロンです。

 

施錠から全て自分で行う完全セルフの無人サロン

セルフエステとは

完全にセルフで行う無人のサロンでは、予約から施術の準備、後片付けも全てセルフです。24エステでは店の鍵の施錠からセルフでします。施術の仕方は、タブレットで観られる説明動画でわかりやすく説明しているので心配ありません。

完全セルフで人件費がかかっていない分、リーズナブルな価格設定を実現しています。サービス内容も充実していて高コスパです。

 

施術ルームの種類

施術ルームも複数の種類があり、サロン選びの重要なポイントのひとつになります。

 

カーテンやパーテーションで区切られている大部屋タイプ

セルフエステとは

セルフエステの多くは、ひとつの大部屋のような空間をレールカーテンで仕切っているタイプや、洋服屋さんの試着室のように、パーテーションで箱型に区切られて入り口がカーテンになっているタイプのものなどがあります。

 

完全無人の個室タイプ

セルフエステとは

2名ほどの人が入れるくらいの広さでひとつずつ小部屋になっている完全個室タイプ。プライベート空間を確保したい方にはおすすめです。24エステも鍵つきの完全個室型となっています。

さらに、24エステではFreeWi-fiや携帯の充電器など設備も充実しています。完全プライベート空間で時間制限もないので、自分のペースで思う存分施術することが可能です。

 

料金システムの種類

セルフエステの料金システムは、わかりやすい設定になっているサロンが多い傾向です。

 

都度払いや回数券

セルフエステとは

1回ごとに料金を支払う都度払いや、まとめて購入しておくと少しお得になる回数券があります。定期的に通うことが難しい方やお試しで利用してみたい方におすすめの料金システムです。

 

追加料金なしの定額制

セルフエステとは

セルフエステで多いのが、追加料金一切なしの定額制です。施術時間や通える日時など、あらかじめ決まっているので安心して通うことができます。

 

月額通い放題

セルフエステとは

24エステで採用しているのが月額通い放題です。1日あたりの制限もなく、24時間いつでもマシンが使い放題でかなりお得なプランとなっています。

 

セルフエステの3つの特徴

セルフエステといえばまず出てくる主な特徴を3つ紹介します。

 

自分自身で施術を行う

セルフエステとは

セルフエステというだけに、施術を自分自身で行うのがセルフエステです。事前に説明動画やスタッフからのレクチャーがありますので、注意事項に気をつけることを前提に、誰にでも簡単に操作することができます。

 

最大の特徴は料金設定がとても安い!

セルフエステとは

リーズナブルな料金設定はセルフエステならではです。人件費を削減することで低価格帯を実現し、高級エステサロン御用達のプロ用のマシンが誰にでも自由に使えるようになりました。

 

プロが使う業務用の高機能マシンが使える

セルフエステとは

誰でも気軽にプロ用の高機能マシンが使えるのもセルフエステの特徴です。業務用のエステマシンを使い、ホームエステでは届かない本格的なケアができます。リーズナブルな価格で利用できるセルフエステならではの夢のようなシステムです。

 

セルフエステとエステサロンの違い

通常のエステサロンに対して、セルフエステは何が違うのかをご説明します。

 

セルフエステにはエステティシャンが不在

セルフエステとは

セルフエステは人件費の削減により高コスパを実現しているエステサロンなので、基本的にプロのエステティシャンの在籍はありません。

 

料金設定が断然違う!

セルフエステとは

プロのエステティシャンがもてなしてくれるエステサロンと比較すると、料金設定が全く違います。高級感の漂う従来のエステサロンの相場は、1回の施術で約10,000円から20,000円ほどです。

これに対し、カジュアルで清潔なイメージのセルフエステだと、平均1ヶ月で10,000円もかけずに通うことができます。

 

セルフエステは至れり尽くせりといった感じではない

セルフエステとは

すべての工程を自分で行う必要があるため、癒しを求めて行くエステサロンのような雰囲気はありません。プロの施術を受け、リラクゼーションや高級感に浸れる癒しのエステサロンとは逆に、準備から施術、片付けまで毎回すべてセルフで行うのがセルフエステです。

 

積極的に体をつくりにいくのがセルフエステ

セルフエステとは

セルフエステとは、自らモチベーションを上げて積極的に美を追求する女性のためのサロンといっても過言ではないでしょう。すべてセルフで行うので、スケジュールも自己管理もすべて自分でしなくてはいけません。

受け身のエステサロンと違い、積極的な姿勢で美ボディを作りあげにいくのがセルフエステの醍醐味です。

 

 

セルフエステのメリット5選

セルフエステだからこそできるアピールポイントを5つご紹介します。

 

人に触られたり体を見られないで施術ができる

セルフエステとは

エステに通いたくても人に触られたり体を見られるのが恥ずかしくて通えないという方も少なからずいますよね。そんな方にもおすすめなのがセルフエステです。誰にも見られずにストレスフリーな空間で好きなだけ施術することができます。

 

気になる部分を思う存分施術できる

セルフエステとは

自分の思い通りの施術が行えるのはセルフエステならではです。コースで順序よく施術していくエステサロンと違い、セルフエステでは気になる部分を集中的に思う存分施術できます。

 

ホームエステでは手の届かない本格美容機器が使える

セルフエステとは

素人では手に入らない業務用の本格的なエステマシンが使えます。業務用マシンも、技術の進化とともに性能がグンと上がっています市販のホームエステにはない技術で、さらなる効果を期待できるのがセルフエステです。

 

体のことに少し詳しくなれる

セルフエステとは

正しい施術法を理解していくうちに、肌のことや脂肪のメカニズムなど、顔や体の美容について少し詳しくなれます。リフトアップやダイエットを目的とした施術を効果的なものにするためにも、自分で知識を入れておくのもおすすめです。

 

勧誘などもなく楽

セルフエステとは

セルフエステでは、エステサロンのような勧誘がないので気楽に自分のペースで通えます。エステサロン特有の勧誘が苦手な方におすすめです。

 

セルフエステのデメリット

セルフエステに通うのなら、事前にデメリットも知っておきたいですよね。ここでは、デメリットと思われる、あらかじめ知っておきたいセルフエステ事情をご紹介します。

 

施術のやり方を覚えなくてはいけない

セルフエステとは

最初は誰でもマシンの使い方はわかりませんよね。自分で施術するために注意事項や施術方法など、やり方を覚えるまでに最初は少し時間がかかります。

 

施術方法が間違っていて効果なしなんてことも

セルフエステとは

途中、細かな疑問が湧いてくるもので、本当にこれであってるのかな?と、疑問になってくることも。いつの間にか施術方法を間違えていても誰か教えてくれるわけでもなく、効果が出ないなんてこともあるかもしれません。

自分の施術の見直しや、リンパや皮下組織についてなど、定期的に振り返り知識をつけていくことをおすすめします。

 

くたびれる

セルフエステとは

何から何まで自分で行うセルフエステは正直くたびれます。効果を出すためにも根気よくモチベーションを上げ続けて頑張らなくてはいけません。

セルフエステは、施術後すぐに効果を感じることもできますが、目標を持ってやるなら、痩せるためにもきっちりと体を動かし、くたびれてもしっかり痩せて結果を出したいですね。

 

準備から後片付けまで全部自分で行わなければいけない

セルフエステとは

毎回施術のたびに、準備から後片付けまで自分で行わなければなりません。24エステなら退店後の施錠もセルフで行います。リーズナブルにひとりで自由にできるぶん、すべて自分でするのもセルフエステならではですね。

 

セルフエステに期待したい効果

得られる効果は機器によって違いますが、これからセルフエステをお考えの方にどのような機器でどのような効果が期待できるのかご紹介します。

 

セルライト除去したいなら

成人女性の90%が持つと言われているセルライト。代謝が悪くなり排出されなかった老廃物と脂肪が固まった「セルライト」を溶かして排出除去するなら以下のマシンがおすすめです。

 

深層の脂肪まで届く「ULTRASOUND(超音波)」

セルフエステとは

超音波に微細な振動を起こし、発生させた気泡で皮下組織にある脂肪を溶かして分解します。運動だけでは落ちない脂肪をなくしたい方やセルライトが気になる方におすすめです。

 

24エステにも導入された今話題の「ハイフ(HIFU)」

セルフエステとは

ハイフは高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)という美容施術の略です。熱エネルギーをピンポイントに集中させて照射し、脂肪を破壊し排出します。

 

ダイエット効果を期待するなら

ダイエット効果を期待するなら、ボディ用のマシンで効果的に体の内部から脂肪を溶かし出していきましょう。

 

太りにくい体質にしてくれる「ラジオ波(RF波)ボディ用」

セルフエステとは

ラジオ波の温熱効果が毛細血管まで働くマッサージ効果の高いマシンです。体の深部を温め代謝の改善をうながし、リンパの流れも良くしてくれます。冷え性やむくみ体質で悩んでいる方にもおすすめのマシンです。

 

ラジオ波と併用!ボディ用HIFU(ハイフ)で脂肪燃焼

セルフエステとは

ラジオ波は脂肪を燃やしたり破壊したりという働きがないため、脂肪をピンポイントで破壊するボディ用ハイフとの併用をおすすめします。ハイフで脂肪を破壊したあとに、ラジオ波で体内を温めることで効率よく老廃物となった脂肪を排出しましょう。

 

美肌を保ちたいなら

セルフエステとは

基本的にフェイシャル用のマシンは美肌効果を期待して製造されたものです。その中でもとくにおすすめするマシンをご紹介します。

 

肌の老化を遅らせる「トーニング」

セルフエステとは

トーニングは低周波を利用して筋肉の弾力と水分保持力を高める肌トリートメントです。たるみやハリが気になる方やフェイスラインの引き締め、毛穴の引き締めや目尻のシワが気になる方におすすめです。

 

「フェイシャル用ラジオ波(RF波)」でハリのある肌へ

セルフエステとは

ラジオ波にはフェイシャル用もあり、温熱効果で血行を促進し、老廃物の除去を目指します。肌の血色をよくしたい方やハリのある肌を保ちたい方におすすめです。

 

今注目株の「フェイシャル用HIFU(ハイフ)」でリフトアップ

セルフエステとは

フェイシャル用ハイフは、ボディ用と同じくピンポイントで皮下組織を照射します。ハイフは切らないリフトアップ法とも言われており、注目を集めています。

照射した際に周囲のコラーゲンがダメージを受け、そのダメージを修復しようとして生成されるコラーゲンが効果的なのです。シワやたるみの改善、フェイスラインの引き締め小顔効果、リフトアップが期待できます。

 

まとめ

セルフエステについて、システムの解説や特徴、従来のサロンとの違いなど詳しくご紹介しました。セルフエステについてご理解いただけましたら光栄です。かたちは違えど今では誰でも気軽に通えるエステサロン。上手にケアして美しさを保ち続けましょう。

 

 

 

関連記事

Related Posts

  1. エステ EMS
  2. エステ キャビテーション
  3. エステ ハイフ
  4. ハイフ ほうれい線
  5. エステ ラジオ波
  6. セルフエステ 効果
  7. セルフエステ 頻度
  8. エステマシン
いますぐ申し込む